BTS(防弾少年団)ジン、自分の誕生日に動物保護施設にドッグフードなどを寄付

BTS(防弾少年団)ジンNEWS

BTS(防弾少年団)のメンバー ジンは、自身の誕生日に動物福祉センターに寄付をした。

12月4日、動物保護団体「動物自由連帯」は、韓国の大人気ヒップホップグループBTS(防弾少年団)のメンバー ジンから、動物保護シェルターにドックフードなどが贈られたことをツイッターで報告した。

同施設のツイートによると、ジンは自身のお金でシェルターにいる犬のためにドックフード、食器、ブランケットなどを購入し、プレゼントしたという。

「BTSのジンが、動物保護センターにいる動物の友達のために、飼料を送ってくれました。自分の誕生日を迎え、私たちの動物の友達のために飼料を直接購入して、送ってくださりました。寄付していただいたものを大切に使用させていただきます」-@animalkorea

またジンからのプレゼントを受け取った動物保護センターは、ジンに感謝し施設にいる犬の写真を付けて、彼の誕生日を祝うツイートを投稿している。

「#HappyJinDay! 今日、KARAセンターにたくさんのプレゼントが届きました。#BTS のジンが彼の誕生日に合わせて、シェルターにいる犬のために、322kgのペットフードを贈ってくれました。子どもたちによく与えるようにします。お誕生日おめでとうございます。また後で、裏話もしますね @BTS_twt #방탄소년단」ー@ekara_org

こうしたジンの優しい行動に、BTSのファンたちも触発されたようで、「自分たちも動物保護団体に寄付しよう」とファン同士で呼びかけている。

KPOP monster SNSをフォロー!
テキストのコピーはできません。