「Dreamcatcher」インタビュー動画公開! “悪夢コンセプト”でデビューした次世代K-POPガールズグループの素顔とは[動画あり]

DREAMCATCHER

今年の11月に待望の日本デビューを果たしたK-POPガールズグループ「Dreamcatcher」のインタビュー動画が公開された。

この動画は、AWA株式会社が運営する、サブスクリプション型(定額制)音楽ストリーミングサービス「AWA(アワ)」が公開したもの。

本企画は、“悪夢コンセプト”を掲げた7人組のK-POPガールズグループDreamcatcherが2018年11月21日に待望の日本デビューを果たしたことを記念して実施されたもので、メンバーが日本デビュー曲「What -Japanese ver.-」の聴きどころや、これからの日本での活動でやってみたいことなどを語っている。

Dreamcatcher インタビュー動画

プレイリストURL

さらに、“メンバーが影響を受けた楽曲”をテーマにプレイリストを作成。BoA「Everlasting」、中島美嘉「雪の華」など、韓国のみならず、日本の楽曲もセレクトされている。「What -Japanese ver.-」から韓国でリリースされた音源までが楽しめるプレイリストになっており、インタビュー動画と合わせて楽しみたい。

https://t.co/NPP9QSYGEL

『Dreamcatcherが影響を受けた楽曲』

01. What -Japanese ver.- / Dreamcatcher
02. Chase Me -Japanese ver.- / Dreamcatcher
03. I Miss You / Dreamcatcher
04. YOU AND I / Dreamcatcher
05. Fly high / Dreamcatcher
06. GOOD NIGHT / Dreamcatcher
07. Full Moon / Dreamcatcher
08. idontwannabeyouanymore / ビリー・アイリッシュ
09. 雪の華 / 中島 美嘉
10. Fly feat. Rihanna / Nicki Minaj
11. Ego / Beyonce
12. Through The Night / IU
13. NO.1 / BoA
14. Everlasting / BoA

[MV] Dreamcatcher「What-Japanese ver.-」

プレゼントキャンペーン

さらに、AWA公式Twitterでは、Dreamcatcherのサイン入りポラロイド写真が当たるプレゼントキャンペーンも実施中。AWA公式Twitterの指定の投稿をリツイートし、本アカウントをフォローされた方の中から抽選でプレゼント。

▼AWA公式Twitter対象投稿URL

インタビュー(動画より一部抜粋)

・グループコンセプトについて
ジユ:「“悪夢”をコンセプトにしていて、「ダークなカリスマ」をステージで見せています」

・「What -Japanese ver.-」について
シヨン:「私は個人的に日本語の歌詞がとても美しいと思います。なので、特にユヒョンとハンドンのパートを聴けば、その美しさを感じられると思います」

・日本でこれからの活動でやってみたいこと
シヨン:「日本で有名なドッキリの番組があると思うのですが、ぜひ出てみたいです」
ガヒョン:「いつかドーム・ツアーをやってみたいです」

・Dreamcatcherのライヴについて
シヨン:「あっという間に時間が過ぎてしまうコンサートです」
スア:「ストーリー仕立てになっているので、一編の映画を見ている気分になると思います」

・お気に入りのアーティストはいますか
シヨン:「おすすめのアーティストはONE OK ROCKです。特に「Nobody’s Home」という曲が好きです」

Dreamcatcher

2017年1月にガールズグループとしては異彩を放つ“悪夢コンセプト”を掲げデビューを果たし、K-POP界でも独自の立ち位置で話題となっている7人組ガールズグループ・Dreamcatcher。

デビュー曲から一貫して、韓国ガールズグループでは珍しい強烈なメタルロックサウンドとパワフルなパフォーマンスを披露。デビュー5ヶ月にして日本を含むアジアと南米、欧州を巡回する最初のワールドツアー『FlyHigh』を開催。2018年5月にリリースした2ndミニアルバム『悪夢・Escape the ERA』は、タイトル曲「YOU AND I」が、ファンタジーストーリーをテーマにした重みのあるメタルロックサウンドで、MVはYouTube公開50時間で100万回再生突破。iTunesではアメリカ、イギリス、カナダ、フランス、フィンランド、ノルウェー、スウェーデン、マレーシアなど、11の国と地域のK-POPアルバムチャートとソングチャートで1位を記録。

そのアルバムを引っさげた2度目のワールドツアー『WELCOME TO THE DREAM WORLD』を台湾・日本をはじめ、アルゼンチン、チリ、ペルー、コロンビア、パナマの南米5都市とアジアで開催。8月にはロサンゼルスで開催されたKCONにも出演。そして9月に発売した韓国3rdミニアルバム『Alone in The City』を発売し、11月21日に「What-Japanese ver.-」で日本デビュー。ただならぬ空気感を醸し出す話題のガールズグループ“Dreamcatcher”の日本での活動にも、今注目が集まる。

DREAMCATCHER

DREAMCATCHER、新しい概念のグッズ「DRC」をリリース

2018年11月21日
DREAMCATCHER

悪夢コンセプトで今年話題のK-POPガールズグループ「DREAMCATCHER」、ワールドツアー日本公演で日本デビューをサプライズ発表

2018年7月18日