BTS V、運命のオーディションで起きた衝撃の出来事を赤裸々告白! じつはあのとき自分だけ… 今のVを作った驚くべき奇跡&まさかのオチをあっさり言い放つVの爆弾発言にスタジオ大爆笑

BTS VNEWS
BTS V

BTS(防弾少年団)Vが、BTSとしてデビューする大きなキッカケとなったオーディションでの意外なエピソードを告白。あらためて当時のことを語るVの様子に、注目が集まっている。

だれにもマネできない唯一無二の表現力と才能を兼ね備え、その非現実的な美貌でも見る人をくぎづけにしているV。そんなVが、今のVを作る運命の出来事となったオーディションでの、ある意外なエピソードを明らかに。まさかのオチをキッパリ言い放つVの姿に、注目が集まっている。

それは、7月14日に公開されたアメリカの人気番組「ザ・トゥナイト・ショー・スターリング・ジミー・ファロン」でのインタビューで、司会者のジミー・ファロンが、Vに対し「オーディションを受けるつもりはなかったけど、友達の応援のために一緒にオーディションに行ったというのは本当?」と質問したときのこと。この質問に、Vはすぐ「本当!」と回答。続けて「友達はどうなった?」と聞かれると、Vはあっさり「落ちましたね」と答え、ジミーを大爆笑させたのだ。

BTS Responds to Rumors About Their Fan Base and Potential Stage Names | The Tonight Show(該当シーンは2分37秒頃~)

友達の付き添いでオーディションに訪れたものの、スカウトによって急きょオーディションを受け、なんと自分だけが合格したというVの伝説的なエピソード。ファンの間でも有名なこの逸話を、「オンリーミー!」とおちゃめさまで加えて語ったVの姿に、ファンはあらためて当時の運命的な奇跡を実感している。

KPOP monster SNSをフォロー!
テキストのコピーはできません。