新オーディション番組『Who is Princess?』、いきなり高いダンス力とカリスマが要されるボーイズグループダンスバトルで激突! 厳しすぎる評価に涙する練習生も

「Who is Princess?」第2話予告映像よりNEWS
「Who is Princess?」第2話予告映像より

夢のデビューを目指し、厳しい鬼コーチたちのもとで過酷なバトルに挑戦する新サバイバル番組『Who is Princess?』の第1ミッションがついに開幕。最初のミッションは、高いダンススキルが要求されるボーイズグループダンスバトルだ。

【動画】Who is Princess? – Episode2 Program Teaser

番組に挑戦しているのは13~19歳の日本人練習生。K-POPのトレーニングで鍛えられたダンスも歌もトップクラスの15名が、最終的にデビューメンバーとなる5人の枠を目指して熾烈な戦いに挑む。15名はデビュー候補生である「Princessチーム」と、「Challengerチーム」に分けられ、グループごとにパフォーマンスを披露。このチームなミッションごとに編成される。

ミッション1として、練習生たちが挑戦することになったのは、ボーイズグループのダンスバトル。PrincessチームはStray Kidsの「Back Door」を、ChallengerチームはNCT 127の「Kick It」を披露することになった。
韓流バナー
Hulu加入はこちら!
[PR]

Challengerチーム 「Kick It」

Challengerチームが披露する「Kick It」は、高いダンスの実力はもちろん、スタミナやカリスマ性、そしてパワフルながらに余裕を感じさせる緩急をつけた踊りが要されるパフォーマンス。練習生たちは息の合ったダンスでしなやかながらに覇気を感じる圧巻のステージを繰り広げた。

しかし、ダンスの鬼コーチはパフォーマンスに余裕を見せることで、ダンスのパワフルさが失われてしまったと指摘。「見せ場のエネルギーが足りない」「一週間ではここまでしかできなかったと言っているようなステージ」と練習生には厳しい評価が与えられた。

Princessチーム 「Back Door」

一方、Princessチームはトレンド感、ノリの良さ、そしてパーティーのようにチームが一体となってパフォーマンスを楽しむことが重要となるStray Kidsの「Back Door」を披露。さすがデビュー候補生が揃うチームなだけあり、課題の一つでもあるチームワークを活かした一糸乱れぬダンスで鬼コーチを圧倒。ステージを楽しむ心、そして多彩な表現力をみせ、「自分たちができる最高をみせてくれた」とコーチからも絶賛された。

しかし、個人の評価ではステージ上での姿勢を指摘されたり、練習の成果を本番で出し切れていないと厳しい言葉もかけられ、涙を流す姿もみられた。
韓流バナー
Hulu加入はこちら!
[PR]

ついに脱落者が・・次のステージにコマを進めるのは?

2組のステージを終え、鬼コーチが再びチーム分けを選考。そして今回のステージで脱落してしまう1名を選ぶことに。脱落者の選考に頭を悩ませる鬼コーチだったが、「すぐにでもデビューできるメンバー」という基準ですでに次のメンバー分けは決まったようだ。果たして、ここで脱落してしまう練習生は一体誰なのだろうか。次回の放送で明らかになる。
韓流バナー
Hulu加入はこちら!
[PR]

最新のK-POP情報をチェックするには、KPOP monsterのSNSをフォローしよう!↓↓↓

KPOP monster SNSをフォロー!
テキストのコピーはできません。