JO1、デビュー後初の単独有観客コンサート『OPEN THE DOOR』を超詳しくレポート! JAMへの熱い思いが生んだ最高のステージ・・メンバーの覇気が大放出された圧巻のパフォーマンスに注目【第1弾】

JO1
JO1

JO1がデビュー後初となる有観客コンサートを全力で走り抜いた。

11月21日、JO1は幕張メッセにて『2021 JO1 LIVE “OPEN THE DOOR”』の最終公演を開催。今コンサートは、彼らがデビューして以降、初の単独有観客コンサートとなる。

JO1

JO1、ステージへの情熱とファンへの愛情がつまった2時間半! 有観客ライブ『2021 JO1 LIVE “OPEN THE DOOR”』の最終公演を徹底レポート・・ メンバー同士の信頼がうかがえる胸アツなパフォーマンスに注目【第2弾】

2021年11月23日
JO1

JO1、全身全霊のパフォーマンスにファン感涙! デビュー後初めての有観客ライブ『OPEN THE DOOR』をメンバー別に詳しくレポート・・ ファンのパワーを受け取ったメンバーたちの最高にエネルギッシュなステージに注目【第3弾】

2021年11月24日

▼セットリスト

01. Born To Be Wild
02. OH-EH-OH
03. GO
04. Safety Zone
05. Design
06. Speed of Light
07. Never Ending Story
08. MONSTER
09. Freedom
10. Dreaming Night
11. Blooming Again
12. ICARUS
13. Shine A Light
14. Run & GO
15. ツカメ~It’s Coming~
16. 僕らの季節
▽アンコール
17. Prologue
18. REAL

今回は現地で彼らのパフォーマンスを鑑賞した筆者が、彼らの成長と実力についてレポートしたい。

Born to be wild

河野純喜のパワフルボイスで始まった「Born To Be Wild」。やはり、彼の突き抜けるような歌声は何度聞いても鳥肌が立つ。「Wild」の部分を少し長めに伸ばしていたのだが、そのときの安定感と声量は音源すらをも超えるクオリティだった。

河野に続いてボーカルの強さを見せたのは川西拓実。彼はボーカルメンバーの中で最もライブ感が出るメンバーではないだろうか。息の加減やほんのわずかなアクセントなど、同じ曲でも公演ごとに少しずつ異なるパフォーマンスが見ていてすごく楽しい。

佐藤景瑚のビジュアルは言葉を失うほどだった。黒髪をセンター分けにした髪型で登場した彼。その姿がスクリーンに映し出された瞬間、一瞬で会場が天界に変わった。人間とは思えないほど、キラキラ輝く瞳とオーラ。思わずため息が出てしまいそうなほど神々しく、儚い美貌だった。

最初の曲ということもあってか、どのメンバーも表情が明るく、ファンとの時間を楽しんでいる様子だった。印象的だったのは、いつも表情管理を徹底している川尻蓮が笑みをこぼしながらダンスを踊っていた場面。いつも冷静な彼が感情的になったのを見て、彼らにとってファンがいかに偉大な存在であるのかということを再確認した。

OH-EH-OH

「OH-EH-OH」では白岩瑠姫の表情演技に目を奪われた。曲のキリングパートを任されることが多い白岩。彼は一瞬で人の心を掴む術を身につけているプロアイドルだ。花のように美しい彼のビジュアルと曲の雰囲気や歌詞に合わせたセクシーな表情は見る者を一瞬でひきこむ。

そして鶴房汐恩の表情、もとい瞳の変化にも驚いた。眉間に力を入れた迫力のある表情を見せることが多い鶴房。今回のコンサートでは、表情以上に瞳からあふれる覇気に圧倒された。「OH-EH-OH」にて鶴房は、現在休養中の金城碧海のパート「Keep on running running Keep on yeah」を歌っている。鶴房らしい少し無骨でワイルドな歌声と鬼気迫るその瞳からは、彼の金城に対する思いまでもが伝わってきた。

覇気といえば、デビュー当初から変わらぬ覇気を見せ続けている豆原一成。彼はボーカルの安定感が格段にレベルアップしていたように思う。さらに声量もぐんと上がっており、序盤でこんなに飛ばして大丈夫なのか?!と心配になるほど、力強い歌声だった。ちなみに、彼は最後まで声量をキープしていたのでスタミナもかなりついたのだと思う。

そして木全翔也、彼もまた覇気のあるパフォーマンスを見せてくれた。彼はオンラインイベントのときから積極的にアドリブで声をかけるなど、盛り上げ役として活躍してきたメンバーだ。今回はオフラインということで、さらにレベルアップ。カリスマのある声で迫力いっぱいにパフォーマンスする姿からは、彼のファンへの深い思いが伝わってきた。

GO

「GO」ではJO1の経験値を実感させられた。彼らのダンスパフォーマンスには無駄がない。コンサートなど有観客イベントでは、ファンに会える喜びからか、勢いが”出すぎてしまう”ことも少なくない。しかし、JO1は勢いに負けないほどの実力を持っていた。デビューしてから1年半、メンバーそれぞれがファンに伝えたい強い思いがあることだろう。彼らはその熱い気持ちについていけるだけのクオリティの高いパフォーマンス能力を身につけている。

©LAPONE ENTERTAINMENT

©LAPONE ENTERTAINMENT

與那城奨はここで表現力の幅を見せてくれた。彼の歌声を聞いた瞬間、筆者はどこか柔らかい印象を覚えた。もともと與那城は、この歌では少し声を張り強めに歌っていた。どうやら彼は、自分らしさと曲の雰囲気をどのようなバランスで歌うのか、というコントロール能力がよりアップしたようだ。曲調に合うスタイリッシュなボーカルでありながらも、與那城ならではの暖かさが残っていた

Safety zone

大平祥生は見るたびに新たな魅力を教えてくれるメンバーだ。現在、黒髪で活動中の大平。髪がハイトーンだったときは、天使のような繊細で儚いオーラを持っていた彼が、今公演では誰よりもダークでカリスマのある存在感を放っていた。そして彼もまた、前に見せようとする力がかなり強くなっていた。「Safety zone」はそんな彼の覇気が存分に発揮されていた曲だろう。ファンに会えた喜びを強さに変えて表現する彼の姿はこれまでにないほど輝いていた。

Design / Speed of Light

「Design」「Speed of Light」では全体のダンスに注目しながら観覧した。JO1といえばメンバー全員が揃った美しい群舞が持ち味。

一体練習どれだけしたのだろうか。体の高さがピッタリとあった一体感のある動き、力みすぎないがキレのある彼らのダンスは見ていてとても心地よく、圧倒された。

顔はコンサートなのにダンスはプラクティス動画、と表現すればわかりやすいだろうか。彼らの動きはそれくらい正確で、美しい。メンバー間の実力差がかなり狭まっているのも理由の一つかもしれない。ダンスの平均値がデビューからの1年半で飛躍的に上がっていることを再確認した。

©LAPONE ENTERTAINMENT

©LAPONE ENTERTAINMENT

今回は全18曲のうち、6曲についてレポートさせていただいた。どの曲でもメンバーたちのファンへの愛情とパフォーマンスへの情熱が感じられた。少し長くなってしまったので、【第1弾】はここまでにしておこう。「Never Ending Story」以降の楽曲については、続く【第2弾】でレポートさせていただく。

「WANDERING」(読み:ワンダリング)「アニメ盤」ジャケット写真

JO1、5thシングル「WANDERING」の「アニメ盤」ジャケット写真がついに公開! 一緒に乗り越えていこうというエールが込められたJO1初のアニメ主題歌

2021年11月9日
BTS、ジャスティン・ビーバー(右)

アジア最大級の音楽授賞式 『2021 MAMA』にBTS、TWICE、ジャスティン・ビーバーら 超豪華アーティスト出演か!? AKB48、NiziU、JO1の名前も・・ 予想ラインナップに注目集まる

2021年10月18日
JO1/@LAPONE ENTERTAINMENT

JO1、初のダブルリードシングル! 5THシングル「WANDERING」2021年12月15日(水)発売決定! JO1のさらなる成長をキーワードにした新曲7曲を収録

2021年10月11日
JO1(金城碧海は体調不良により不参加)

JO1、どのメンバーも超実力派&魅力がありすぎる! 世界が注目する「KCON:TACT HI 5」にて圧巻のパフォーマンス披露・・ エネルギッシュなステージの様子をメンバー別に徹底レポート

2021年9月26日
JO1

JO1、メンバー1人1人の存在感が極大化した華やかなステージ! デビュー後、初のオフライン公演「KCON World Premiere: The Triangle」で見せた超実力派アイドルの止まらない成長をレポート

2021年9月23日
JO1(金城碧海は体調不良により不参加)

JO1、久々のオフラインイベントに大興奮! 公演を終えて「会場のペンライトに感動した」と感無量・・「KCON STUDIO LIVE from JAPAN」の様子をレポート

2021年9月23日
KPOP monsterをフォロー!