JO1、全身全霊のパフォーマンスにファン感涙! デビュー後初めての有観客ライブ『OPEN THE DOOR』をメンバー別に詳しくレポート・・ ファンのパワーを受け取ったメンバーたちの最高にエネルギッシュなステージに注目【第3弾】

JO1
JO1

JO1がファンの目の前で感動的なステージを披露。全身全霊でファンへの愛を伝えた。

11月21日、JO1はデビュー後初となる有観客ライブ『2021 JO1 LIVE “OPEN THE DOOR”』の最終公演を実施。ここまで【第1弾】【第2弾】と2回に分けて彼らのパフォーマンスを振り返ったが、今回は最終回として「Shine A Light」以降の楽曲パフォーマンスについて語っていきたいと思う。

JO1

JO1、ステージへの情熱とファンへの愛情がつまった2時間半! 有観客ライブ『2021 JO1 LIVE “OPEN THE DOOR”』の最終公演を徹底レポート・・ メンバー同士の信頼がうかがえる胸アツなパフォーマンスに注目【第2弾】

2021年11月23日
JO1

JO1、デビュー後初の単独有観客コンサート『OPEN THE DOOR』を超詳しくレポート! JAMへの熱い思いが生んだ最高のステージ・・メンバーの覇気が大放出された圧巻のパフォーマンスに注目【第1弾】

2021年11月22日

▼セットリスト

01. Born To Be Wild
02. OH-EH-OH
03. GO
04. Safety Zone
05. Design
06. Speed of Light
07. Never Ending Story
08. MONSTER
09. Freedom
10. Dreaming Night
11. Blooming Again
12. ICARUS
13. Shine A Light
14. Run & GO
15. ツカメ~It’s Coming~
16. 僕らの季節
▽アンコール
17. Prologue
18. REAL

Shine A Light / Run & Go

川尻蓮のボーカル、とくに高音の成長はすさまじいものだ。デビュー当初は中・高音を担当することが多かった彼だが、最近では高音の比率がかなり増えてきたように思う。それは彼の実力がものすごいスピードで成長しているからだろう。彼の高音は突き抜けるような力強さを持っているため、ダンス曲などテンポの速い曲で大きな活躍を見せる。「Shine A Light」ではサビの爽やかで明るいボーカルが気持ち良い。明るく軽やかな印象を与える彼の歌声は今後さらに活躍することだろう。

高音がきれいなメンバーといえば、與那城奨の実力にも言及しておきたい。もともとボーカルメンバーとして高い実力を持っていた彼だが、デビュー後は彼自身の歌い方を少し変化させ、曲のイメージに合う少し張った声で歌うことが多くなった。そんな中、今回のコンサートではかつてないほどに安定した高音を披露。中音を歌っていたときの声量と変わらない、むしろそれよりも大きいくらいのボリュームで高音を歌う彼の姿を見て、一段と成長したボーカルスキルに圧倒された。

與那城と同じくメインボーカルの河野純喜は、ボーカル力はもちろん、表情管理という面でも成長を見せていた。高音を歌うとき今までは少し顔をゆがめながら歌っていた河野。もちろん、これはこれでライブ感があってカッコいいのだが、「Shine A Light」では、苦しそうな顔をせずリラックスした様子で高音を歌う姿が印象的だった。首筋にはグッと力が入っているのに、顔にはニッコリとした温かい笑顔が浮かベていた彼。ボーカルと並行して表情管理の練習にも励んでいるのだろうと感じた。

ボーカルといえば、サビを歌う川西拓実の高音も印象的だった。彼も力強い高音を出せるメンバーの1人。「Shine A Light」の終盤「世界何より」という歌詞の最後「り」の伸びやかで張りのある声は楽曲の盛り上がりをうまくサポートしていた。「Run&Go」でも彼は安定した声量で歌声を響かせた。高音の声量がとくに大きく、明るい曲調にピッタリなエネルギッシュなボーカルだった。

「Run&Go」では佐藤景瑚が現在休養中の金城碧海の決めポーズである「See You」ポーズを披露。金城への愛情はもちろん、金城を応援するファンへの気遣いも感じられた。また、佐藤は後方席でライブを鑑賞しているファンへの配慮も忘れなかった。パフォーマンス中、自由に移動できる際には周辺のカメラに近づいてファンサービス。スクリーンに大きく映る彼の愛らしい表情は会場すべてのファンを魅了したことだろう。

クールな楽曲ではカリスマあふれる姿を見せることが多い鶴房汐恩だが、明るい曲調では彼のかわいらしい魅力が爆発する。「Shine A Light」ではまぶしすぎる笑顔を見せていた鶴房。明るい表情でパフォーマンスを楽しむその姿は彼の優しく素直な一面が現れているようで愛らしかった。

ツカメ~It’s Coming~

「ツカメ~It’s Coming~」では木全翔也の心優しい一面が垣間見えた。この楽曲はメンバーたちがセンターステージで一列に並んで踊っていたのだが、木全は途中で後ろを向くと反対側のファンに向かってパフォーマンスを披露した。メインステージとセンターステージの間の席で観覧しているファンは、どうしてもセンターステージでのパフォーマンスが見づらくなってしまうのだが、木全はそんなファンの気持ちを理解していたようだ。彼の特別な配慮に近くで見ていたファンは心奪われたことだろう。

©LAPONE ENTERTAINMENT

©LAPONE ENTERTAINMENT

黒髪の大平祥生はなぜあんなにも色気があるのだろうか。ダンスブレイクで激しいダンスを踊る彼の姿からはかつてないほどにワイルドな魅力があふれていた。ハイトーンヘアのときは天使のようなオーラをまとっていた彼だが、黒髪になってからは“人間感”が出て印象が変わったように思う。中性的な顔立ちからただよう刹那的な美しさは変わらないのに、どこか“人間感”のある彼。黒髪という普遍的なスタイリングにもかかわらずその中に非現実的な儚さがあるという、この矛盾が、彼のミステリアスでセクシーな印象を際立たせているのかもしれない。

僕らの季節

5THシングル『WANDERING』のタイトル曲である「僕らの季節」。メンバーたちのボーカルが光る優しい曲調が心地よい。

この楽曲はパフォーマンスでイスが利用されており、高低差を利用したユニークな振り付けとなっているのだが、中央のイスに立って歌うメンバーを、他のメンバーが取り囲むようにして歌う光景はあまりにも美しかった。まるで華麗な花を囲む妖精たちのようにキラキラと輝く彼らの姿に、思わず見とれてしまった。

曲の出だしを担当していたのは川西拓実。川西が表情演技の天才であることは言わずもがな、彼のカメラを見つける能力の高さにも驚いた。自分を撮っているカメラを瞬時に見つけて最高の表情を見せてくれるため、観覧している側の満足度も高く、思う存分パフォーマンスを楽しめる。

白岩瑠姫の歌詞に合わせた表情演技も最高だった。この楽曲の振り付けは歌詞に合わせたストーリー性のある振り付けだ。白岩は歌詞をじっくり吟味し、自分なりにイメージを固めているのだろう。歌詞を表現した美しい表情が深く印象に残っている。

Prologue(アンコール)

©LAPONE ENTERTAINMENT

©LAPONE ENTERTAINMENT

メインステージでイスに座って披露された「Prologue」。“遅くてもいい、立ち止まってもいい、手を握って歩き出すその覚悟が、僕らの始まりを告げている”という思いが込められたバラード曲だ。

ここでは與那城、川尻、川西の感情のこもった歌声・表情に心をつかまれた。今にも泣き出しそうな、どこか切ない表情で歌っていた彼ら。感情をそのまま音にしたような、天才的な表現力に脱帽した。

一方、河野はキラキラと目を輝かせ、明るい表情を見せた。河野らしいポジティブで明るい表情もまた、“始まり”を描いたこの曲のイメージに合うすてきな姿だった。

豆原一成はここでも圧巻のボーカルを聞かせた。サビ部分ではかなりの声量で熱唱。正面からストレートに感情をぶつける彼の歌声からは、まっすぐ前を見据える強さと曲に対する実直な思いがうかがえた。

REAL(アンコール)

最後の楽曲「REAL」ではメンバーたちが自由に移動しながらパフォーマンス。ファンを眺めながら、最後までうれしそうな表情を見せる彼らの姿に胸が熱くなった。

最後の最後まで、河野純喜は最高のボーカルを聞かせた。高音シャウトを完ぺきに歌いきるだけでなく積極的にアドリブを入れるなど、徹底的に音楽を楽しみながらパフォーマンスしていた彼。彼のパワフルなボーカルの源は、音楽に対する強い愛情とプライドなのだろう。

情熱と愛情あふれるメンバーたちの言葉

最初から最後まで全公演を全力で駆け抜けたJO1メンバーたち。彼らの勇姿に感動の涙を流したファンも多いことだろう。ここからはメンバーたちのエンディングコメントとともに、各メンバーについての筆者の感想をまとめ、レポートを締めくくりたいと思う。

川尻蓮

JO1 川尻蓮

JO1 川尻蓮

まずはJAMのみなさん、今日は集まってくれて本当にありがとうございます。楽しかった。まじで楽しかった。20曲くらいのライブをJO1としてJAMのみなさんの前でするのが初めてだったので、不安なこととか難しいこととかいろんな問題もたくさんありました。でもJAMのみなさんに会いたい一心で、僕らJO1はその壁を全部のりこえてきました。これからもいろんな壁が僕らJO1の前にも、JAMのみなさんひとりひとりの前にも出てくると思うんですけど、僕らにはJAMがついてるし、JAMのみんなには僕らがついてるから、絶対大丈夫だと思います。

まだ先の見えない世の中と言うか、こうやって今日みんなの前でライブできるのも奇跡みたいなことなので、今後どうなるかわからないですけど、このみんななら大丈夫でしょ。これからも僕らのことを信じてください。僕らもJAMのみなさんの力を信じでます。大好きです。今日は一日ありがとうございました。

ボーカルの成長が大きいメンバー。コーラス部分を綺麗に歌いきっていたのが印象的。個人的には河野との掛け合いやそれをサポートするようなパートでしっかりと安定したボーカルを披露していてたので曲の影の立役者のように感じた。もちろんダンスも最高。ダンスはやはり安定感と迫力がすごい。そしてファンが周りで見ているとやはり顔つきが変わってくるのだな、と感じた。ダンスリーダーらしく、やる気や勢いに乗せて実力を出し切る姿がさすがだった。

木全翔也

JO1 木全翔也

JO1 木全翔也

『OPEN THE DOOR』やるまで本当に長かった。2年くらいみんなに会えてなくて、それでもずっとSNSの供給だったり、テレビだったり、YouTubeだったり、直接会えないなか僕たちを応援してくれて、ここまでずっと応援してくれて、今日まですごい長かったんですけど、ライブやってみたら本当にあっという間で、まだ終わりたくないなという気持ちがいっぱいなんですよね。またこういった機会をいっぱいやれたらなと思います。そして今日はみなさん楽しめましたか?ありがとうございます!じゃあ、またね!

やはりライブ感が一番強いメンバー。コンサートの醍醐味を最も感じさせてくれるメンバーだと思う。迫力があり、見せる力が強いメンバーの1人。ライブ中の声がすごく大きい。盛り上げるのも非常に上手。激しいダンスナンバーなどでは、大声を出して盛り上げていた。自分のパート、とくにサビ前のキリングパートの使い方が天才的。JO1パフォーマンスの盛り上げ隊長。

大平祥生

JO1 大平祥生

JO1 大平祥生

本当に幸せな時間でした。今日がやっと来たなという感じですね。ずっと夢に描いてた、ちゃんとしたライブができたし、僕たちのことを大好きでいてくれるみんなもいるし、幸せな気持ちでいっぱいですね。

本当にもっともっとJO1とJAMならもっと上に行けると思うので、これが終わりじゃないし、何なら始まりだし。次は碧海も出てもっともっと大きいステージで会いましょう。ありがとうございました。

天使というよりも色気が強かったイメージ。低音パートの印象が強い。大平なりに自分らしさを作り上げようとしているのではないかと感じた。ふわふわの優しい表情や声も素敵だが、低い声で強めにラップする姿が今の彼が目指してるところなのかもしれない。彼は公演を見るたびに新しい一面を見せてくれる

豆原一成

JO1 豆原一成

JO1 豆原一成

今日は来てくださって本当にありがとうございました。大きくてすてきなステージに自分が立てていることうれしく思っています。小さいころ家で踊ってたら、お母さんに「あんたそれ誰に見せるの」って言われてたことがありました。そのときからステージに立ちたいなと思って、好きなダンスをずっとやってきて、こんなすてきなステージに立てて本当にうれしいなと思います。これはすべてJAMのみなさんがいたからできたことだと思います。そして、ここにはすてきな仲間がいます。大切な仲間と一緒にこのステージを作れたことが本当に幸せです。本当にありがとうございました。楽しかったです!

覇気。ギラギラした目がすごく印象的だった。デビューしたときからだが、彼は観客に見せるという意識が格別に強いと思う。今回はファンが目の前にいるからか、さらに勢いがあった。一方で、体力を調整してるのかなという印象も受けた。覇気があり迫力もあるが、2時間半通して安定感と余裕がある。デビューからの月日が感じられるバランスの取れたパフォーマンスだった。

川西拓実

JO1 川西拓実

JO1 川西拓実

みなさんの前でこういう大きなステージでパフォーマンスできることが、ぼくは本当に幸せで、みなさんの顔を見ながら喋ることも、すごい楽しくて…とても幸せな時間です。これから僕たちもJAMのみなさんもどういう人生になるかは誰もわからないですけど、僕たちJO1がみなさんを幸せにできるようにこれからもがんばっていきます。今日は本当にありがとうございました。

最初から最後まで一定の力でパフォーマンスしていたイメージ。体力のバランスを取るのが上手なのだろう。曲の始まりを担当することが多いからか、表情をすごく意識してるように感じた。カメラの位置をしっかりと確認していた。去り際にニコッと笑ったり表情を変えたりするところをみて、やはり魅せるのがうまいなと思った。また、ボーカルもさらに成長したように思う。安定感がある。とくに高音パートで声が大きくなっていた

河野純喜

JO1 河野純喜

JO1 河野純喜

(豆原がコメントしているときからすでに大号泣していた)ありがとう、ほんま。豆にそんなことがあったんや… おれもちょっと話していいっすか。むかし小学校のころTくんていう友達がおったんですよ。Tくんはすごい賢くて成績がオール5だったんですよ。でもTくんは音楽だけ3だったんです。僕は音楽が5だったんです。Tくんはお母さんにすごい音楽3のこと怒られて、「純喜は5だぞ。なんでTくんは3で純喜は5なんか聞いてこい」って言われて…。俺はそんなん全く覚えてないんですけど、お母さんが最近そのこと教えてくれて。「楽しく歌ったら5がとれる」って僕が言ったらしいです。

ほんまに僕は本当に楽しく歌わせていただいて、こんなにJAMのみなさんが僕の歌、みんなのパフォーマンスを見て…。本当に楽しく歌ってて良かったなって思いました。(佐藤:じゃあ、今日の純喜くんはオール5ですね)

ほんっとうに声が大きい。スタミナが切れず安定しており、高音もきれい。そしてなによりも楽しそう。ファンとの時間を楽しんでいるのが伝わってきた。本人の言葉どおり、楽しく歌っているからこそ人を魅了するのだと思う。そして楽しめる実力を持っていることもすごい。あれだけのパート量があるにもかかわらず、2時間以上息を切らすことなく歌い切るスタミナは本当に宝物。今回のコンサートで1番鳥肌が立ったのが彼の歌声だった。最初の一声で心を掴まれ、最後の最後まで圧倒され続けた。

佐藤景瑚

JO1 佐藤景瑚

JO1 佐藤景瑚

まず一つ、愛してます!そして、メンバーのみんな、JAMのみんな、あと、ナオト。あと、チェさん、チャンさん、そしてマネージャーのみんな、あと…(與那城:個人名そんな出さなくていいよ)いや、言わせてこれは言わせて。(與那城:多分わかんないよ)いいの、わかんなくていいの、伝われば。

本当にここまでありがとうございます。僕はここまで本当に辛かったんですけど…練習とかがすごい辛くて嫌いでした。でもJAMに会いたいし、ステージでみんなとパフォーマンスがしたい。やりたいことのためには、嫌なことだってできます。

本当に辛かったんですけど、メンバーとJAMのみんなが…手紙も本当に読んでるし、マネージャーが支えてくれたから、ここまでがんばれました。みんなが本当に支えてくれたからがんばれたよ。これからもよろしく!大好き。ありがとうございます!

ほんっとうに顔が美しい。びっくりするくらい美しい。今回の公演で一番印象的だったのは何かと聞かれたら佐藤景瑚の顔、と言いたくなるほどの神ビジュアルだった。もちろん、顔だけではない。苦しい表情を見せることなく高音を歌う姿に驚いた。リラックスした余裕のある動きと表情に成長を感じた。ファンからエネルギーをもらっているのだろう、表情に自信があふれていた。

與那城奨

JO1 與那城奨

JO1 與那城奨

今日来てくださって本当にありがとうございます!配信をご覧のみなさんも楽しめてますか?本当にこの景色を見るために、僕たちは今までがんばってきました。なかなか直接JAMのみんなに会えなかったんだけど、こうやってやっと現実として会えることができて本当に幸せです。今までジャムに恩返しがしたいと言ってきました。その恩返しの一つがこれです。だけどまだ一つしか恩返しできてない!これからもっともっとたくさんの恩返しをしていきたいと思います。なので、JAMのみんなずっとついてきてくれるかな?今日という日を絶対に忘れないでください。本当にありがとうございました!

高音がすごくきれいだった。もともとボーカル能力が高いが、歌い方を変えること、コントロールする能力がすごく上がったと思う。本来は優しく深みのある声というイメージだが、今は鋭い声も張った声も出せる。ピンっと張った高音が力強かった

白岩瑠姫

JO1 白岩瑠姫

JO1 白岩瑠姫

今日も昨日もぼくたちが現場入りする前から、寒い中、朝早くからみんな並んでくれてて、こうやって集まってくれて、ぼくらは11人の力だけでは絶対こうやってステージに立てなかったし、11人になれたのも全部みなさんのおかげだと思ってます。なのに、2年間も会えなかったのは本当に辛かったです。声が出せないよりも、会えない方が全然辛かったし、練習辛いよりもステージ立てないことの方が全然辛かったです。本当はもっと全国まわったりとね、11人全員でステージ立ったりとかしたいんですけど、今僕たちが出せる全力、感謝、全て、この3日間に僕は出し切ったと思ってます。

そして、この『OPEN THE DOOR』がJO1とJAMにとっての“Prologue”になると思ってます。このメンバーでもうライブすることが二度とできないからこそ、一本一本全力でやらせていただきました。みなさん本当に足を運んで、寒い中待ってくれて、こうやって元気くれてありがとう。そして配信見てる方も、本当にいつもいつも支えてくれてありがとう。またすぐ絶対会えます。約束します。本当に5公演全部ありがとうございました!やっぱみなさんさんのことが大好きです。

一瞬で心を掴むのがすごく上手。キリングパートを任されることが多いメンバーだと思うが、みごとな表情演技で120%の作品を作ってくれる。ここここ!というところでにっこり笑ったり、キメ顔したりするところが最高。動きもかわいくしたりセクシーにしたりと幅広いので飽きない。そしてやはりビジュアルが美しすぎる。終盤、スクリーン3面に映し出された彼の姿は写真集の1ページのようだった

鶴房汐恩

JO1 鶴房汐恩

JO1 鶴房汐恩

何回も言わせていただくんですけど、なんで俺が最後?まず、短いか長いか選んでください。(佐藤:じゃあ長いの聞いとく?)

高一のときに母親とあるアーティストさんのライブに行って、あそこに立ちたいって言ったのが始まりやったんですけど、そっからオーディションも受けて落ちて、夜に父親の仕事場開けてもらって妹と一緒にダンスしたりとか、めちゃくちゃ下手くそで今見たら笑うくらいのダンスなんですけど…高校も3年の頭で中退して韓国行って…夢のためならなんでもしてやろうって思ってたのでそのときから、死ぬ気でやってきて、落ちたりとか…ほんまに死にたいとか何回も思いましたし。でもそこでやっぱり夢叶えたいっていう気持ちが強かったので、踏ん張って「PRODUCE 101 JAPAN」を受けてここまでやってきて。

個性が強いアホが多いJO1。でもほんまに最高で、まじでいい奴らしかいない11人で、2年間がんばってきて…こうやってステージに立ってJAMの方と目も合わすこともできて、スタッフ・マネージャーにも恵まれてて、本当に宇宙からやってきて良かったなと思います。何が言いたいかというと、メンバー、スタッフ、マネージャー、JAM、家族、親友、愛してます。以上です。本当にありがとうございました。

今までのステージと表情が格段に違ったように思う。覇気が出ていた。もともと険しい顔でパフォーマンスすることが多いメンバーだと思うが、今日は表情に勢いがプラスされてるというか、自信がみなぎっていた。やはりファンがいると、さらに気合が入るのだろう。

JO1

JO1、ステージへの情熱とファンへの愛情がつまった2時間半! 有観客ライブ『2021 JO1 LIVE “OPEN THE DOOR”』の最終公演を徹底レポート・・ メンバー同士の信頼がうかがえる胸アツなパフォーマンスに注目【第2弾】

2021年11月23日
JO1

JO1、デビュー後初の単独有観客コンサート『OPEN THE DOOR』を超詳しくレポート! JAMへの熱い思いが生んだ最高のステージ・・メンバーの覇気が大放出された圧巻のパフォーマンスに注目【第1弾】

2021年11月22日
BTS、ジャスティン・ビーバー(右)

アジア最大級の音楽授賞式 『2021 MAMA』にBTS、TWICE、ジャスティン・ビーバーら 超豪華アーティスト出演か!? AKB48、NiziU、JO1の名前も・・ 予想ラインナップに注目集まる

2021年10月18日
JO1/@LAPONE ENTERTAINMENT

JO1、初のダブルリードシングル! 5THシングル「WANDERING」2021年12月15日(水)発売決定! JO1のさらなる成長をキーワードにした新曲7曲を収録

2021年10月11日
JO1(金城碧海は体調不良により不参加)

JO1、どのメンバーも超実力派&魅力がありすぎる! 世界が注目する「KCON:TACT HI 5」にて圧巻のパフォーマンス披露・・ エネルギッシュなステージの様子をメンバー別に徹底レポート

2021年9月26日
JO1

JO1、メンバー1人1人の存在感が極大化した華やかなステージ! デビュー後、初のオフライン公演「KCON World Premiere: The Triangle」で見せた超実力派アイドルの止まらない成長をレポート

2021年9月23日
KPOP monsterをフォロー!