SEVENTEEN ジョンハン、放送禁止用語を絶叫したシーンの真相を明かす!「ピー」音で隠されていたのは、スタッフを困惑させるほどガチすぎる愛の言葉・・? 予想だにしないまさかの裏話に大爆笑

SEVENTEEN ジョンハンNEWS
SEVENTEEN ジョンハン

SEVENTEENのジョンハン(ユン・ジョンハン)が、「GOING SEVENTEEN」で自主規制音が流れたシーンの真相を明かした。

「GOING SEVENTEEN」とは、SEVENTEENのオリジナルコンテンツ。コンテンツ内ではスポーツゲームや心理ゲームなど、様々なジャンルのゲームが行われており、メンバーたちの飾らない姿が見られる。今回話題になっているのは、昨年2022年12月28日に公開されたスペシャルエピソードだ。ここではメンバーたちが学生に扮し、運動場で様々な遊びを楽しんでいる。

[GOING SEVENTEEN SPECIAL] 겨울방학 특집 : 안다와 몰라 #1 (I Know & Don’t Know #1)

注目のシーンは動画の16:00ごろ。ジョンハンが審判となり、2つのチームの対戦を仕切っている場面だ。ここでは、鉄棒を使ったゲームを終えたメンバーたちが彼に対して文句を言っている。というのも、ジョンハンが直前に行った鉄棒ゲーム1回戦を練習ゲームにして、新たに仕切り直そうと提案したから。これに対して、1回戦で勝利したチームが「自分たちの勝利が無効になってしまう」「不公平な審判だ」と、ジョンハンに猛抗議したのだ。

練習ゲームにしようと提案するジョンハン

練習ゲームにしようと提案するジョンハン

ジョンハンに文句を言うメンバーたち

ジョンハンに文句を言うメンバーたち

SEVENTEENは人数が多いため、一度に複数人が話し始めるととても活発な雰囲気になる。このシーンでも、数人のメンバーが同時に話をしているため、ジョンハン1人では収拾のつかない状況になっている。彼は、なんとかメンバーたちを落ち着かせようと試みているが、メンバーたちは一向に彼のいうことを聞かず、自分の意見を話し続けている。

すると、そんな状況にイライラしたジョンハンがこのあと驚きの行動に。アイドルとは思えない言動で場の空気を一掃している。いったい彼はどのような行動でメンバーたちを黙らせたのだろうか。

イライラしているジョンハン

イライラしているジョンハン

ジョンハンがとった行動とは、なんと放送禁止用語を叫ぶというもの。話を聞かないメンバーにイライラした彼は、眉間にシワを寄せながら放送禁止用語を絶叫。この際、映像にはモザイクと「ピー」という音が加工されているため、視聴者側は彼が何と言っているのかわからないが、現場にいたメンバーたちは目をまん丸にしながら大爆笑している。

イライラが放送禁止用語となって爆発したジョンハン

イライラが放送禁止用語となって爆発したジョンハン

ジョンハンの言葉に大爆笑するメンバーたち

ジョンハンの言葉に大爆笑するメンバーたち

「いったいどのような言葉を放ったのか」と、視聴者の興味を誘ったこのシーンだが、後日、ジョンハンはその内容をメンバーと共に明かしている。彼がこのシーンについて語ったのは、12月29日に配信されたWeverse LIVEでのことだ。この日、彼はホシ(クォン・スニョン)、スングァン(ブ・スングァン)、ディノ(イ・チャン)と共に「GOING SEVENTEEN」について話している。

自主規制音が流れたシーンについて、メンバーたちは「とてもおもしろかった」とコメント。ジョンハンの言葉が相当印象に残っているのか、ホシは「僕はピー処理されていない方がもっとおもしろかったのに」と、自主規制音が入ったことを残念にすら思っていることを明かしている。また、スングァンによると、ジョンハンの一言はメンバーだけでなくスタッフまでをも爆笑させ、撮影現場全体を沸かせていたそうだ。ここまでの話を聞くと、より一層ジョンハンが何と言ったのかが気になるが、このあとついに彼らはジョンハンが叫んでいた内容について語り始める

ジョンハンいわく、あのシーンで彼はメンバーたちへの愛を叫んだのだそう。「愛してるよみんな!」と叫んだ部分に自主規制音が付けられているとのことだ。なぜ音処理されたのかについては、「こんな状況でも愛しているというの? 愛がガチずぎる!」とスタッフが驚いたからだと説明。彼が言うには、メンバーへの愛情が深すぎるせいで音処理されたのだそうだ。

自主規制音シーンについて語るジョンハンの話にファンは爆笑。SNSでは様々なコメントがアップされている。

「オッケーwww ジョンハンがそう言うならそういうことにしておくわwwww」
「これを信じる人いる?wwwwww」
「あの勢いで『愛してる!』はありえなさすぎて草」
「愛が激しすぎるwwwwww」
「目かっ開きながら愛を叫ぶユン・ジョンハン想像しただけでもおもしろすぎる」

KPOP monster SNSをフォロー!
テキストのコピーはできません。