GOT the beat、米最大級の音楽フェス「コーチェラ」からの出演オファーを辞退していた! その切ない理由とは?「私たちの曲が・・」

GOT the beatNEWS
GOT the beat

GOT the beatに関する衝撃的な事実が明らかになった。なんと、あの超有名音楽フェスティバルへの出演オファーを受けたというのだ。しかしそれには切ない結末が。驚きのエピソードを少女時代 ヒョヨンが語った。

GOT the beatは、SMエンターテインメントのプロジェクト「Girls On Top」の第1弾として結成された7人組ガールズグループ。BoA、少女時代 テヨン&ヒョヨン、Red Velvet ウェンディ&スルギ、aespa カリナ&ウィンターというK-POP界を代表するメンバーたちで構成されている、超豪華な“アベンジャーズグループ”だ。

GOT the beat

昨年1月、「Step Back」でデビューして以来、本格的なプロモーション活動は行っていないものの大きな注目を集め、SMエンターテインメントの合同ライブ「SMTOWN LIVE」等で貴重なステージを披露し、ファンを熱狂させてきた。今年1月16日には、1stミニアルバム「Stamp On It」をリリース。デビューから1年の時を経て初のカムバックを果たした。

GOT the beat 갓 더 비트 ‘Step Back’ Stage Video

GOT the beat 갓 더 비트 ‘Stamp On It’ MV

1月26日、ラジオ番組SBSパワーFM「2時脱出Cultwo Show」にGOT the beatを代表して出演したヒョヨンは、そんなグループに関する秘話を語り、ファンに衝撃を与えた。

この日ヒョヨンは、グループについて「私たちもこのようなユニットが出るとは思わなかった」と語り、初めての顔合わせの現場は「すごく緊張感があった」と、この一大プロジェクトに本人たちも驚いていたことを明かした。

そんなヒョヨンに、ラジオDJから「このグループで海外公演をしたことはありますか?」との質問が投げかけられた。すると、ヒョヨンから驚きのエピソードが語られたのだ。

なんとGOT the beatは昨年、アメリカ・カリフォルニア州で毎年開催される世界最大級の音楽フェスティバル「コーチェラヴァレー・ミュージック&アートフェスティバル」(以下コーチェラ)から招待が届いていたというのだ。世界中から名立たるアーティストたちが出演するフェスのラインナップに、GOT the beatも並んだのだ。これは、ヒョヨンだけが知る事実だという。

しかし、昨年のコーチェラのステージにGOT the beatの姿はなかった。栄誉ある招待を受けたにもかかわらず、この招待を断らざるを得ない事情があったというのだ。

そのやむを得ない理由とは、「私たちが持っている曲数が1曲しかなかった」というもの。実は、GOT the beatはデビュー時にアルバムをリリースせず、「Step back」の1曲のみを持ってデビューしたのだ。これではステージを構成することが不可能だとSMエンタは判断した模様。グループを世界に向けて発信する絶好のチャンスだったにもかかわらず、仕方なくこのオファーを断ることになったようだ。なんとも切ない秘話である。

これを聞いたラジオDJは、「今回はミニアルバムだからできそうですね」と提案。ヒョヨンは「そうです。できますね」とほほ笑んだ。残念ながら、先日発表された今年度の出演者のラインナップにGOT the beatの名前はなかったものの、ファンの間では彼女たちのコーチェラへのリベンジを望む声が相次いでいる。

KPOP monster SNSをフォロー!
テキストのコピーはできません。