「韓国語を話さないで」Stray Kids バンチャン、失礼なファンからのリクエストをキッパリ断る! 自分の意見をしっかりと述べる姿勢に称賛の声

Stray KidsNEWS
Stray Kids

Stray Kidsのリーダー バンチャンが、失礼な要求をするファンに対して、しっかりと自分の意見を述べ、その対応がすばらしいと称賛を浴びている。

Stray Kidsのバンチャンといえば、とても広い心を持った寛大なメンバーとして有名。一方で、ファン同士の争いを注意するなど、正義感が強い一面もあり、その誠実な人柄に多くのファンが感銘を受けている。

そんなバンチャンは、毎週末に『チャニの部屋』と題してYouTubeを通じて生配信を実施している。同配信は、世界中のファンが視聴しており、あらゆる言語でコメントも投稿されている。そのためバンチャンは、韓国語だけでなく英語で話したり、時には日本語で話したり、リアルタイムで反応を見ながらファンとの対話を楽しんでいる。

一方で、韓国語がわからないファンからは、「英語で話してほしい」などといったコメントが送られてくるも。こういったファンは、彼が話している内容を知りたいという純粋な気持ちでコメントを投稿しているのだろう。しかし、あまりにも英語で話してほしいというリクエストが多く、バンチャンは少し疲れてしまったのか、コメントを読み上げると「僕は自分が話したい言語で話します。だから英語で話します」と返し、自分の気分次第で話す言語を決めると意志をしっかりと伝えた

▼「英語を話して」というコメントに返事するバンチャン

しかし、この後、今後は「韓国語を話すのやめて」というコメントが寄せられた。すると、バンチャンはK-POPアイドルであるもにかかわらず、韓国語を話すなと要求するファンに不快感を抱いたのだろう。驚いた顔を見せると、「わお、僕を見たくないなら、見なくていいですよ」「あなたに任せます」と答え、明るく振舞いながら理不尽なリクエストをキッパリと断った。

▼「韓国語を話すのを止めて」というコメントに対して自分の意見を話すバンチャン

国内外のファンが見ていることを理解し、常に韓国語と英語を交えながら話しているバンチャン。そんな彼の気遣いやアイデンティティを否定するかのようなコメントに対して、しっかりと自分の意見を述べた彼に一般のファンは拍手喝采。たしかに海外のファンとの交流を図るのも重要なことだが、それを強要するような発言は、バンチャンをはじめ、他のファンに対しても失礼であり、それは他人が決めることではなく、本人が決めることだと彼の意見に賛成している。

KPOP monster SNSをフォロー!
テキストのコピーはできません。