目に激痛? aespa ニンニン、視力を喪失した右目にフラッシュの光が直撃! 必死で目を覆いカメラに背を向ける・・ 心配の声続出「心が痛い」

aespa ニンニンNEWS
aespa ニンニン

aespa ニンニンの右目にフラッシュの光が直撃。痛そうに目を隠す姿が話題になっている。

ニンニンは最近、「Vogue China」のインタビューで右目の視力を喪失していたことを告白し、ファンを驚かせた。幼い頃に手術を受けたものの、現在もほとんど見えていない状態だという。これを知ったファンは衝撃。大きなハンデを一切感じさせない、見事なパフォーマンスを披露するニンニンの努力を称賛する声が数多く寄せられた。

しかしそんな中、ファンを心配させる出来事が発生した。ニンニンが右目に異常を訴えているような姿が捉えられたのだ。

3月24日、タイ・バンコクで行われるスケジュールに向かうため仁川国際空港に姿を現したaespa。そんな彼女たちの姿を収めようと、空港には多くの記者とファンが押し寄せ、カメラで撮影を行った。最初は軽くほほ笑みながらカメラに手を振っていたニンニンだったが、次の瞬間、わずかにその表情が歪んだ。どうやら、カメラから出る強いフラッシュの光がニンニンの敏感な右目を刺激し、苦痛を感じているようなのだ。視力が著しく低下した目は強い光に弱く、光によって激しい痛みを感じることもあるという。

ニンニンはフラッシュの光から目を守るため、手で右目を覆い、カメラに背を向けた。すぐに元の方向を振り向いたものの、目の不快感は取れない様子。継続して目を隠しながら、そわそわと落ち着かない様子を見せた。かなりの苦痛を感じているようだが、そんな状況にもかかわらず右目を覆いながらも笑顔を浮かべるプロ意識の高さをのぞかせた。

これを見たファンからは、「心が痛い…」「サングラス着けてていいんだよTT」と心配の声が続出している。

KPOP monster SNSをフォロー!
テキストのコピーはできません。