『Nizi Project Season 2』、ショーン(松原翔音)が「ズボン履き」でテストに挑戦!? キテレツな発想に出演者一同は大爆笑・・ みごとキューブを獲得

松原翔音NEWS
松原翔音

オーディション番組『Nizi Project Season 2』にて、参加者のショーン(松原翔音)がユニークなパフォーマンスを披露。その衝撃的な光景に注目が集まっている。

『Nizi Project Season 2』は、TWICEやStray Kidsが所属するJYPエンターテインメントとソニーミュージックによるオーディション番組。NiziUが誕生するきっかけとなった『Nizi Project』の第2弾だ。JYPエンターテインメントの設立者であるパク・ジニョンが自ら日本に赴き、審査に参加。全国で開催されたオーディション参加者のうち、彼が認めた合格者20人が、デビューを目指し切磋琢磨する様子が放送されている。

選ばれた参加者たちは、その後行われる“日本合宿”にて「ダンス・レベルテスト」「ボーカル・レベルテスト」「スター性テスト」などを受け、“キューブ”を獲得しなければならない。キューブを4つ獲得した参加者は次のステージとなる“韓国合宿”へと進むことができる。

韓流バナー
Hulu加入はこちら!
[PR]

9月1日には第7話が放送。今回は参加者の「スター性」を測る「スター性テスト」の様子が公開されている。腹話術や似顔絵描き、自作のダンスパフォーマンスなど、自分の魅力を伝えるために様々な準備をしてきた参加者たち。そんな中、一際注目を集めたのが、ショーンだ。

今回のテストで彼が披露したのは、なんと「ズボン履き」。彼は自分のユーモアセンスをパク・ジニョンに見せたかったそう。そのお茶目な魅力を伝えるために用意したのが、“手を使わずにズボンを履く”という斬新なパフォーマンスだ。

韓流バナー
Hulu加入はこちら!
[PR]

テストが始まると「脱がせていただきます」と言いながらズボンを脱ぎ、水着姿になったショーン。彼の破天荒な行動に面食らってか、パク・ジニョンは目を見開きながら驚いている。他の参加者も予想外のパフォーマンスにびっくり。彼の姿に目を奪われている。

音楽に合わせてダンスを踊りながらズボンを履いていく彼。ひょうきんでありながらも、目を離せないその動きには、パク・ジニョンも興味津々。時に大きなリアクションを見せながら、彼のキュートな姿に夢中になっている。音楽が終わる頃には、みごとズボンを履き終えたショーン。終盤にはダンスを踊る余裕も見せながら、会場を大いに盛り上げた。

韓流バナー
Hulu加入はこちら!
[PR]

パフォーマンス後、パク・ジニョンは「Nizi Project Season 1、Season 2を合わせて、今までのスター性テストのパフォーマンスの中で最高だったと思います」と、ショーンを大絶賛。パク・ジニョンは、ショーンが枠にとらわれない方法で自分自身の魅力を発揮する姿に心を奪われたそう。斬新な方法で自らのキュートで陽気な一面を見せたショーンに感嘆しているようだ。

結果、ショーンはみごとキューブを獲得。パク・ジニョンからは「パフォーマンスを終えて、(ショーンに)もっと目が行くようになった」と、そのスター性を認められた。

斬新でありながらも人の心を掴むアイデアでスター性を証明したショーン。彼のパフォーマンスには視聴者も心を奪われているようだ。

▼SNSでの反応

「まずショーンくんに関しては、『手を使わずにズボン履いてみよう!』って思ったところが相当おかしいし、それを全然成功しないのに一生懸命2ヶ月間練習したっていうのが、かなり変な子で、めちゃくちゃ好きですね」
「あかんショーン君の手を使わずにズボン履くパフォーマンス何回でも見れる」
「ショーン君の、手を使わずズボン履くパフォおもしろかった〜!」

KPOP monster SNSをフォロー!
テキストのコピーはできません。