WayV、思い出のステージは日本のスタジアム公演! どしゃ降りの中でも会場を離れないファンの姿に感動! 悪天候がいい演出に?

WayVNEWS
WayV

WayV(威神V)のメンバー クンとシャオジュンが、思い出に残っているステージに、日本の公演を選んでいる。

WayVのクンとシャオジュンは、9月26日、中国・北京で行われた中国最大規模のSNS「WEIBO(微博)」が主催する『WEIBO MUSIC AWARDS 2023』に出席。みごと、“今年おすすめのホットイシュー・アーティスト”賞を受賞した。

そこで2人は授賞式会場でインタビューを受け、今までで思い出に残っているステージについて語った。WayVは昨年12月に4枚目のミニアルバム『Phantom』を発表し、今年2月から同作を引っさげでファンミーティングツアーを開催。韓国公演を皮切りに、マニラ、バンコク、シンガポール、ロンドン、パリ、マカオ、そして日本と世界をまわった。

そんなWayVのメンバーたちにとって、特に心を打たれた公演があったそう。それは、9月10日(日)に大阪・ヤンマースタジアム長居で開催されたNCTの合同コンサートだ。

同公演は、NCT 127やNCT DREAM、WayVが大集結するだけでなく、NCTの新ユニット NCT NEW TEAMのお披露目もあるなど、メンバーやファンにとって貴重な公演となった。その中でも、WayVのメンバーは2日目の公演が思い出深いものになったという。というのも、この日は天気が不安定で公演の途中に何度もどしゃ降りに。特にWayVのステージでは、雷もなるなど、嵐のような大荒れだったのだ。

しかし、そんな悪天候の中でも会場を離れずに応援してくれたファンがたくさんいたそう。そんなファンの期待に応えようと、メンバーたちは全力でパフォーマンスをしたと語っている。

「Phantom」のステージでは特に天候が悪化。最高のコンディションとはいえないが、メンバーたちはその状況を前向きに捉えていたようで、シャオジュンは「空がステージのコンセプトや演出を助けてくれたような気がしました! 雨が降ってよりセクシーな雰囲気が表現できて…」と語り、クンも「曲全体のスタイル、豪雨、雷のすべてがお互いをよく引き立てていた」と、むしろ悪天候がステージ演出のようになり、曲の雰囲気にマッチしていたと絶賛している。

さらに高音パートの部分では、ちょうど雷が落ちたといい、「最高だった」といい思い出になったそうだ。

KPOP monster SNSをフォロー!
テキストのコピーはできません。