KISS OF LIFEの“問題行動”がSNSに流出? 殴り合いの喧嘩、友人を突き飛ばす・・ 悪女に変身した、インパクト抜群なトレーラーに注目殺到

KISS OF LIFENEWS
KISS OF LIFE

KISS OF LIFEの“悪行”の数々が明らかになった。インパクト抜群なトレーラー映像に注目が殺到している。

KISS OF LIFEは、オーディション番組「SIXTEEN」「アイドル学校」で知名度を高めたナッティやLE SSERAFIMの作曲家として一躍注目を集めた若き天才ベルらが所属する実力派ガールズグループ。今年7月にS2エンターテインメントから4人組としてデビューし、11月には初のカムバックを控えている。

10月31日0時、KISS OF LIFE公式YouTubeチャンネルには2ndミニアルバム『Born to be XX』のトレーラー映像の一種である“隠し撮り映像”がアップされた。動画には、なんとメンバーたちの“悪行”の隠し撮りがまとめられている。ティーザー内ではその隠し撮りがネット上にアップされ、その非道な問題行動が大炎上しているという演出がなされている。

地下鉄で男たちと殴り合いの喧嘩をする「地下鉄暴行女」ジュリーをはじめ、体育の時間に一人の生徒に向かって執拗にドッジボールを投げ続け、ついには流血させ保健室送りにする女学生ハヌル、会話をしていた相手を窓から突き飛ばすナッティ、意地悪な表情を浮かべ突然観客に向かって水をかける女優のベルと、メンバーたちが悪女になり衝撃的な悪行を繰り広げている。

メンバーたちは優れた演技力で少女たちの黒い感情を見事に表現。鳥肌が立つほどリアルな悪女を演じきった。今回の隠し撮り映像はYouTubeショートを通じてアップされ、そのリアルな映像の質感がさらに視聴者を惹き付けている。

トレーラー映像を通じてダークなカリスマ性が溢れる悪役への変身を予告してきたKISS OF LIFE。“隠し撮り映像”を通して既存のガールズグループでは見ることができなかった斬新なコンセプトと刺激的なストーリー展開、独特な映像美で新譜への期待感をさらに高めた。彼女たちは新譜を通してどのようなメッセージを伝えるのだろうか、メンバーたちが演じた悪女たちにはどんな背景が隠されているのだろうか。熱い注目が注がれている。

KISS OF LIFEの2ndミニアルバム『Born to be XX』は、来たる11月8日午後6時にリリースされる。

KPOP monster SNSをフォロー!
テキストのコピーはできません。