aespa、ファンからのプレゼントをそんな風に!? 手作りのボードを一風変わった方法で再利用・・ 斬新な発想に爆笑

aespaNEWS
aespa

aespaのメンバーたちがファンからのプレゼントを斬新な方法で使用していたことが明らかに。その様子に注目が集まっている。

話題になっているのは、12月1日に韓国で開催されたファンサイン会でのメンバーたちの行動だ。この日、メンバーのうち、ニンニン(ニン・イーチュオ)はあるファンからユニークなプレゼントを受け取っている。そのプレゼントとは、インターネットで出てくるロボット避けの画面を真似したボードだ。

オンラインで何かを認証しなければならない際、「私はロボットではありません」という文言とともに幾つかの写真の中から、指定されたものが映っている写真だけを選ぶよう指示する画面を見たことがないだろうか。例えば、「下の写真の中から、“信号機”が映っているものを選んでください」のようにだ。今回、ファンがプレゼントしたボードには、その“餃子”バージョンが描かれている。

ニンニンはぷっくりとした頬が印象的なかわいらしい顔立ちをしている。プレゼントをしたファンはそんな彼女の愛らしさを“餃子”に例え、ニンニンを選択肢に入れているのだ。ちなみに、ここではニンニンの写真を貼っているのではなく、選択肢の1箇所を切り抜いている。ニンニン本人がそこに顔を合わせることで、ボードが完成されるというわけだ。

ニンニンの魅力を引き出すなんともユニークなプレゼントだが、このあとこのボードは思わぬ形で再利用されることになる。いったいどのような方法で使用されたのだろうか。

その方法とは、なんとレフ板として使用されるというもの。このボードの裏側は真っ白な状態であったのだが、メンバーたちはそれを自分たちの顔の下で持つことによって光を反射させ、写真映りを良くしようと試みたのだ。彼女たちの思惑通り、ボードによって、メンバーたちの顔はより一層明るく華やかに見えている。

超斬新な方法でボードを再利用したaespaのメンバーたち。彼女たちの柔軟な発想にファンは爆笑しているようだ。

「餃子ボードをレフ板にして使ってるのおもしろすぎるwwwwwwww」
「餃子レフ板wwwwwww」
「あらゆる道具を使って盛りに行くの大好き」
「思考がギャル」
「かわいすぎる最高」

KPOP monster SNSをフォロー!
テキストのコピーはできません。