JO1、初のアジアツアーファイナル! 上海公演は大歓声に包まれ閉幕! 「4年かけてやっと会いに来れた」涙する観客も・・【ライブ&記者会見レポート】

©LAPONE EntertainmentINTERVIEWS
©LAPONE Entertainment

グローバルボーイズグループJO1が、海外の全4都市(ジャカルタ・バンコク台北上海)を巡る初のアジアツアー『2023 JO1 1ST ASIA TOUR ‘BEYOND THE DARK’ LIMITED EDITION』のファイナルとなる上海公演を12月8日(金)に上海国家会展中心 虹館EHにて、開催した。

今回の公演は、吉本興業ホールディングス株式会社が中国での事業を推進するため、上海に新会社を設立した上海吉本文化芸術伝播有限公司初の主催イベントとなる。

公演に先駆けて前日の7日(木)には、上海メディアに向けた記者会見を実施。多数のメディアが集まる中、リーダーの與那城奨は、「アジアツアーの中で一番規模が大きいのでみんなで協力してファンの皆さんと一緒に素晴らしいステージをつくっていきたい。」公演についての意気込みを語った。

©LAPONE Entertainment

©LAPONE Entertainment

ライブ当日は、来場者の約9割が現地のJAM(JO1のファンネーム)となり、開演と同時に大歓声が沸き起こった。

メンバーもその熱量を肌で感じながら勢いあるパフォーマンスを披露し、トークパートでは、積極的に中国語を使いJAMに感謝を伝えた。今回のアジアツアーのセットリストは、今年開催の延べ20万人を動員したアリーナツアーとドーム公演とは異なるオリジナルのプログラムが用意されたもので、アジアツアーの中でこの上海公演でのみ披露された「Romance」をはじめ、デビュー曲「無限大」、サバイバルオーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』のテーマ曲「ツカメ~It‘s Coming~」のアンコール含む21曲を披露。

河野純喜は「上海のみなさんに会うまで4年かかりました。こうしてたくさんのJAMに会えて本当に幸せです」と語り、豆原一成は「上海最高です!今年8月から始まったアリーナツアー、アジアツアー、京セラドームと沢山のステージに立たせていただいて、この公演が最後となりましたが、最後にふさわしいステージになったと思います」と、興奮さめやらぬまま今回のライブを振り返った。

このあと年内の活動は、国内において2年連続の出場を果たした「第74回NHK紅白歌合戦」や、優秀作品賞を受賞した「第65回輝く!日本レコード大賞」など、大型音楽番組への生出演が続く。今年の全国アリーナツアー、京セラドーム公演、アジアツアーを経てさらにパフォーマンスや歌唱のクオリティーを上げたJO1の成長をぜひチェックしよう。

12月8日(金)上海公演ライブレポート

ちょうど4年前、2019年12月に『PRODUCE 101 JAPAN』にて結成したグローバルボーイズグループ“JO1”。番組視聴者である“国民プロデューサー”累計約6,500万票の投票には、中国からの熱狂的な応援も多数含まれていた。当たり前のように、“デビューしたら現地に行って直接感謝を伝えられる”と思っていた矢先の新型コロナウイルスの流行。もちろん世界中が同じように苦難の連続であったが、JO1とJAM(ファンネーム)にとっては、人一倍長く感じた、大変な4年間だったのだと、本公演が開催されて改めてメンバー自身痛感している様子だった。

河野純喜は、「上海の皆さんに会いに来られるまで4年かかりました。本当にお待たせしました。ずっと会いたかったんですけど、こうやってたくさんのJAMの皆さんに会えて本当に幸せです!」と話し、涙する観客も。パフォーマンスは、4年経った今だからこそ見せられる大きくなったJO1のステージで会場を湧かせ続けた。

©LAPONE Entertainment

©LAPONE Entertainment

ステージに11人のシルエットが浮かび上がると、魔法陣のような難易度の高い振り付けの「SuperCali」で彼らの圧倒的なパフォーマンスに引き込む。「Rose」では大人な表情を見せ、「Trigger」では激しいダンスをかっこよく決めた。鳴り止まない歓声に迎え入れられ、それぞれが愛嬌満点の中国語で自己紹介すると、JAMも大きな声で名前を呼び答える。

そして続く「Run&Go」「NEWSmile」では明るく弾ける笑顔で踊り、「We Good」では自撮り棒を持ったメンバーが撮影をしながら観客と一緒に楽しんだ。さらに、日本のツアーでは披露していなかった人気楽曲「Dreaming Night」も歌唱し、幸せなムードで会場を包み込む。

バラードブロックでは、今の季節にぴったりな「僕らの季節」を特別アレンジしたアコースティックver.や、「Romance」などを歌い上げた。さらにラストスパートではライブ終盤となったこのタイミングで、「Algorithm」「Speed of Light」など激しい楽曲でたたみかけ、さまざまなタイプの楽曲をJO1らしくパフォーマンス。アンコールでは、それぞれ感謝を伝えた。

©LAPONE Entertainment

©LAPONE Entertainment

金城碧海「こんなにたくさんのJAMの方に支えられている僕は、JO1は、幸せ者です。4年前から“会いに行くから”と言い続けて、やっと会いに来られて嬉しいです。」

豆原一成「上海最高です! 8月から日本全国、アジアとまわってきたんですけど、最後にふさわしい最高のステージになったと思います。」

川西拓実「デビューする前から本当に皆さんに会いたくて、大変な時も皆さんがいたから頑張れました。本当に感謝しています。また帰ってきます。」

河野純喜「走り抜けた最後が皆さんで本当によかったです。最後に一つだけ言いたいことがあります。皆さんわかりますよね?いきますよ! “让我们爱得比小笼包更烫”(和訳=小籠包より熱い恋をしよう)愛しています!」

白岩瑠姫「4年の時を経て、やっと皆さんに会いに来れました! ここまで結構長かったんですけど、皆さんに会う日を楽しみに、僕たちも頑張ってきました。4年っていう期間は待たせすぎたなーって思っているので、すぐにまた会いにきます!」

川尻蓮「悩みとか大変なこととか、たくさんあると思います。これからも皆さんの支えになれるようJO1一同頑張ります。僕たちから一個だけお願い。本当にまた会いにきて。皆さんが僕たちを求めてくれないと僕たちは会いに行けないと思うので、これからも僕たちのことを求めてきてください。一生支えます。」

木全翔也「終わることが寂しいんですけど、こうやって皆さんで楽しい時間を過ごすことができて嬉しかったです。また皆さんで集まれるように、僕たち頑張って行くのでこれからも応援よろしくお願いします!またね~!」

鶴房汐恩「本当に楽しかったです。皆さんのおかげで走り抜けることができました。ここで、上海JAMのみんなに、もし日本に来たら絶対にウケる一発ギャグを教えます。“白血球、赤血球、ケツキック~!”」

大平祥生「皆さん楽しかったですか?やっとこうやって会いに来れて嬉しいです。皆さん、また必ず会いましょう。大好きです。」

佐藤景瑚「もう…最高でした! 上海最高! 大好きー! また絶対会いましょう! 約束~!」

與那城奨「皆さん今日は会いにきてくれてありがとうございます。皆さんのおかげで上海に来ることができました。これからもずっとずっとJAMのそばにいますので、そばで見守り続けてくれると嬉しいです。本当にありがとうございます。みんな大好きです!」

最後に全員で写真撮影を行おうとすると、会場に集まったJAMから「世界中のJAMに届いてJO1のNEWSmile」と書かれたスローガンが掲げられ、メンバーもとても嬉しそうな様子だった。

©LAPONE Entertainment

©LAPONE Entertainment

そして最後はデビュー曲「無限大」と、4年前のオーディション『PRODUCE 101 JAPAN』のテーマ曲「ツカメ~It‘s Coming~」で締めくくると、これまでの思いを噛みしめるように、自然と観客も一緒に大合唱となった。

@jo1_gotothetop

2023 JO1 1ST ASIA TOUR ‘BEYOND THE DARK’ LIMITED EDITION – DIGEST IN SHANGHAI ✦ THANKS JAM ✦ #思い出になるいつか今日も #JO1 #JO1_ASIATOUR #JO1_BEYOND_THE_DARK #EQUINOX #RadioVision

♬ RadioVision – JO1

12月7日(木)記者会見レポート

上海吉本文化芸術伝播有限公司初の主催イベントとなるグローバルボーイズグループJO1の上海公演前日に、上海国家会展中心 虹館EHにて、記者会見を実施。4都市を巡る初のアジアツアーの最終公演となる今回、改めて上海メディアへ向けツアーに関する質問に答えた。

©LAPONE Entertainment

©LAPONE Entertainment

記者会見の冒頭で、ステージ上の大型モニターにJO1のライブ映像が流れ、いままでのステージをダイジェストで紹介。その後、メンバーが登壇し「Go to the TOP!JO1です!」と挨拶し、会見はスタート。

司会進行を務めるharukaさんからメンバーに向けグループについてのいくつかの質問が。「まずは、上海の印象をお聞かせください。」という質問に、河野純喜は「実は、父親が上海で仕事をしていたことがありその時に行ったことがある、街の夜も華やかで美味しい食べ物があり、焼き小籠包が好き。」と答えた。

そして、JO1というグループの名前の由来を聞かれた白岩瑠姫は、「『PRODUCE 101 JAPAN』というオーディション番組でその練習生たちが1つになって、世界の頂点を目指していくという意味が込められている」。同時に、JAM(JO1のファンネーム)の由来を質問された川尻蓮は、「J・A・Mの頭文字にはJO1の『J』、JO1とファンを繋ぐANDの『A』、ファンを指す“ME”の『M』を合わせた意味があり、そのほか『JAM』という単語には容器や入れ物を『満杯』という意味が込められている。」とそれぞれ説明した。

会見の中盤では、昨年12月11日に行われたJO1のドキュメンタリー映画『未完成』のオンライン上映会で会場に集まった現地ファンの記念写真を紹介し、当時を振り返った。その話を受け、木全翔也は「いままでは画面越しでしたが今回は対面でファンの皆さんと会えるので頑張りたいと思います。」とライブへの意欲をみせた。

そして、この映画について印象に残っている出来事を聞かれた豆原一成は「『未完成』は、デビューから幕張メッセで行われた初めての有観客ライブまでを追った映画です。最初のデビューが決まった時の記者会見を11人でしたことがあるのですが、顔がまだ若くて印象に残っています。」とデビュー当日のことを振り返りながら答えた。

会見の後半では、今年の全国アリーナツアーのダイジェスト映像が流れ、勢いのあるライブシーンが紹介された。今回の上海公演が2023年最後のツアーとなることについて、過去のアジアツアーで印象に残ったシーンを聞かれると佐藤景瑚は、「アジアツアー初日のジャカルタ公演で、ライブ中に音が止まってしまったけれど、みんな焦ることなく一致団結してそのままパフォーマンスを続けて成功することができたので、いいスタートダッシュできた。それが一番印象に残っている。」とチームワーク良さをアピールした。

最後に、リーダーの與那城奨は、「公演は、アジアツアーの中で一番規模が大きいのでみんなで協力してファンの皆さんと一緒に素晴らしいステージをつくっていきたい。」と翌日に開催される公演についての意気込みを語り、上海メディアに向けた記者会見を終了した。

「2023 JO1 1ST ASIA TOUR ‘BEYOND THE DARK’ LIMITED EDITION」 公演概要

〈スケジュール〉
【ジャカルタ | Ciptra Artpreneur-Theater】 2023.11.01(水)
【バンコク | UNION HALL】 2023.11.04(土)
【台北 | Zepp New Taipei】 2023.11.11(土)
【上海 | 上海国家会展中心 虹館EH】 2023.12.08(金)

KPOP monster SNSをフォロー!
テキストのコピーはできません。