BTS、兵役はメンバーそろって入隊の可能性大? 関係者が語るグループの意向とは…前例のないワールドスターの選択に注目が集まる

BTSNEWS
BTS

BTS(防弾少年団)が、間近に迫った兵役同伴入隊をする意向が強いのではないかと報じられている。

BTSといえば、今や韓国を代表するトップアイドルグループとして、その圧倒的なカリスマ性を確立。デビュー当時からずば抜けていたプロ意識に、日々更新されていくパフォーマンススキル、そして決して妥協しない誠実な人柄で、世界中からラブコールを受けるワールドスターの座を手に入れた。欧米圏でもかつてない成功をおさめるアジア歌手としての姿は、世界のセレブからも高い評価を受けており、その素晴らしい功績には常に称賛の声が殺到している。

とまることを知らない人気を誇るBTSだが、今、そんな彼らに間近に迫っている問題がある。それは、韓国人男性としては避けることのできない“兵役問題”だ。BTSはまだだれも兵役に行っておらず、来年にはグループ初の入隊者として、最年長メンバーであるジンの入隊が予定。その後は、シュガ・RM・J-HOPE・ジミン・V・ジョングクの順に入隊することが予想されている。

ファンにとっても気が気ではないBTSの兵役問題だが、9日、韓国のスポーツ東亜は、ある芸能関係者の言葉を借り、BTSが軍服務について意見を交わしたと発表。その報道によると関係者は、「BTSは年齢に添ってメンバーが順に入隊するのではなく、メンバー全員がほぼ同じ時期に入隊し、グループの空白期間を最小限に抑えたいと意見を出した」と説明したという。

この関係者は続けて、「BTSメンバーは、個別活動ではなくグループとしての活動に大きな愛着があり、チームの空白を最小限に抑えようという意見の一致がある。慎重に判断して決める」と付け加えたそう。

もしBTSが、他のK-POPグループのように年齢順に軍服務をすれば、最大で10年程度の活動空白期が生じることになる。BTSは、長い空白期がおこることを考慮し、メンバー個々の入隊ではなく、ほぼ同じ時期にメンバー全員が一緒に兵役義務を遂行することが、グループ活動の継続にとって効率的であると考えているという。

国境を越えて活躍し、韓国国内だけでなくまさに世界中から大きな愛を受けているBTS。そんなBTSの兵役問題は、兵役という文化がない国のファンですら、その制度を勉強しようとするほど高い関心を持たれており、そして彼らの活動を大きく左右することとなる、避けられない問題だ。メンバー自身も、海外のメディアで兵役について問われた際、韓国人男性として当然の義務を誠実に果たす意向を示していた。

前例のない成功をおさめるワールドスターの選択に、世界中から注目が集まっている。

BTS
BTS
BTS
BTS
BTS
(左)Dancing PD(右)BTS
BTS
KPOP monster SNSをフォロー!
テキストのコピーはできません。