Boom Triggerが本気のジェスチャーゲームに挑戦! 同じ「PRODUCE 101 JAPAN」出身のゲスト迎え、爆笑必至の戦い! 罰ゲームはまさかの・・

Boom Trigger
Boom Trigger

JO1を輩出した視聴者参加型オーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN」。その番組出身の練習生達で結成されたBoom Triggerが本気のジェスチャーゲームに挑戦。同じ番組出身のスペシャルゲストを迎え、激しい戦いを繰り広げた。

Boom Triggerは「PRODUCE 101 JAPAN」出身の大水陸渡、結城樹、安藤優、岡野海斗、稲吉ひかりの5名からなるグループで、2020年3月22日に結成された。4月10日には、公式ファンクラブもオープンしている。

4月21日、Boom Triggerの公式チャンネルにて彼らのジェスチャー大会の様子がアップされた。

Boom Trigger 抱腹絶倒!本気のジェスチャーゲーム!勝者は!? (前編)

この日は、長崎にいて参加できなかった大水の代わりに、同じ「PRODUCE 101 JAPAN」出身の秦健豪をスペシャルゲストとして迎えた。秦は4月19日、芸能事務所イトーカンパニーに所属したことを報告している。

https://twitter.com/kengouhata/status/1251707106098417670?s=20

ジェスチャーゲームは「結城 岡野」チームと「秦 安藤」チームに分かれて、稲吉が出すお題を身振り手振りのみで表現する。それに稲吉が何問回答できるかを競うゲームとなる。

負けたチームへの罰ゲームは”カメラの前で一人ずつキス顔”に決定。稲吉が考えたというこの過激な罰ゲームにメンバー達は絶句。「コンプラやばくない?」などと冗談を言いながら、絶対に負けられない本気の戦いがスタートした。

Boom Triggerと秦健豪

Boom Triggerと秦健豪

お題が職業となった一回戦では監督、宇宙飛行士、美容師などを見事に表現。続く二回戦ではスポーツをお題に柔道、ボーリング、少林寺拳法などを表現した。

Boom Triggerと秦健豪

Boom Triggerと秦健豪

二試合をトータルすると「結城 岡野」チームは12問、「秦 安藤」チームは7問正解し、「結城 岡野」チームが一歩リードする形となった。

負けられない戦いに、必死になるメンバー達。恥ずかしさを振り切って必死に表現する様子や、一生懸命やっているのに伝わらないもどかしさに、メンバーはもちろん見ているファンも笑顔になれる楽しい動画となった。

このジェスチャーゲームの続きとなる後編はまた近日公開予定だ。

https://twitter.com/Boomtrigger05/status/1248355070980157440?s=20


PRODUCE 101 JAPAN

「PRODUCE 101 JAPAN」元練習生 岡田武大、古屋亮人、青木聖波、西尾航暉、高野慧による新プロジェクトが決定

2020年4月21日
「G-EGG」林龍太「Jealousy」

「G-EGG」課題曲のMVがついに解禁! 地獄の合宿、韓国式トレーニングを乗り越えた彼らの今後は・・

2020年4月20日
JO1

JO1 ファミマフラッペサポーターに! メンバーたちがフラッペを堪能… 鶴房汐恩はファミマ店員に・・!?

2020年4月16日
PRODUCE 101 JAPAN

「PRODUCE 101 JAPAN」元練習生 本田康祐、中川勝就、浦野秀太、佐野文哉が吉本興業と契約したことが明らかに! 様々な派生グループの誕生から見える、日本のアイドル界の変化とは・・

2020年4月13日
Boom Trigger(ブームトリガー)

「PRODUCE 101 JAPAN」からまた新たなグループ「Boom Trigger」誕生! 気になるメンバーは・・?

2020年3月23日
JO1企画展ポスター

「JO1」のデビューを記念し、企画展『JO1 museum ~「PRODUCE 101 JAPAN」デビューまでの軌跡~』開催決定! 2020年3月3日(火)より渋谷と仙台にて同時開催へ

2020年3月2日
PRODUCE 101 JAPAN

本人も参加しちゃうのよ! 「PRODUCE 101 JAPAN」元練習生、岡野海斗の誕生日タグがトレンド入り… 才能あふれる「プデュのシンバ」を一斉にお祝い

2020年1月22日
KPOP monsterをフォロー!