BTSの名曲「DOPE」の作曲家 earattak がインタビューに登場! 「DOPE」に参加することになった意外な裏話やBTSの第一印象について語る

BTS(防弾少年団)「DOPE」コンセプトフォト
BTS(防弾少年団)「DOPE」コンセプトフォト

BTSの名曲「DOPE」GOT7「Hard Carry」ITZY「Not Shy」他、多数のK-POPアイドルの楽曲だけでなく、韓国の有名ソロ歌手たちの楽曲を多数手がける「ヒットメーカー」earattack氏が、韓国の芸能ニュースメディアSTARNEWSのインタビューに答えた。

インタビューでは、彼が音楽プロデューサーとして活動することになった経緯や、自身の音楽スタイルなどについて語った。

その中でも一際注目を集めた発言が、BTSの「DOPE」の制作に参加することになったきっかけについてだ。彼曰く、「いい機会に巡り合って参加することになった」という。

BTS「DOPE(쩔어)」MV

earattack氏は「DOPE」への参加以前に、BTSの所属するBig Hitエンターテインメントの代表を務めるパン・シヒョクと縁があったという。当時2人は、韓国の芸能事務所JYPエンターテインメントで仕事をしていたときに会ったようだが、その後、連絡を取り続ける仲までにはならなかったそうだ。

時が過ぎ、earattack氏の音楽仲間の一人から「トップライン(ボーカルのメロディ)を作ってみない?」と声をかけたことをきっかけに、彼はBTSの名曲「DOPE」の制作に携わることになった。

earattack氏は友人の提案を受けメロディを作り、提出したところ、なんと1箇所も修正を受けずにそのまま採用となったそうだ。普通、こうした作業は何度も修正が入ることが当たり前であるため、彼は大変驚いたという。

その後、パン・シヒョクと再会を果たした際には、「“earattack”って君のことだったの?」びっくりされたという。

また、BTSのメンバーたちに会った際の印象を聞かれると、「初めて会った時からエネルギーがあふれていて、本当にかっこいいチームだと思っていました」と当時を振り返えった。

現在では、主にJYPエンターテインメント所属のアイドルたちの楽曲を中心にプロデューシング活動をしているearattack氏。今後もK-POP市場を盛り上げるとともに、より多くのアーティストと仕事をしていきたいと自身の夢を語った。

BTSの名曲「DOPE」が、まさか偶然の運によって生まれたものだとは、ファンの方も知らなかったのではないだろうか。「ヒットメーカー」と呼ばれるearattack氏の才能が光るエピソードだった。


K-POPの「ヒットメーカー」earattack氏

K-POPの「ヒットメーカー」earattack氏

(左)BTS ジミン(右)RM

BTS ジミン、RMが見せた思わぬ行動にびっくり! すぐさまRMの動きを止めさせて… 自分のしたことに驚くRM&焦るジミンのやりとりが面白すぎるとファン爆笑

2020年9月24日
BTS V

BTS V、実は○○したせいで自分のビジュアルに自信がなくなっていた! Vがスタッフに打ち明けた“まさかの行動”が予想外すぎる… 自分の行動を後悔するVの様子にファンからフォローの声殺到

2020年9月24日
BTS

BTS、国連総会に参加! スピーチを通じてコロナ禍の生活での赤裸々な気持ちを語る・・・あたたかい希望のメッセージに感動[動画]

2020年9月24日
BTS(防弾少年団)

BTS、アメリカの大型音楽フェス‘iHeartRadio Music Festival 2020’に登場! 韓国アーティストとしては唯一の参加! ビルボード1位を獲得した「Dynamite」含む4曲を熱唱

2020年9月23日
左:Weverse Shopロゴ 右上:BTS(防弾少年団) 右下:TXT

BTS、TXTら所属Big Hitの通販サイト「Weverse Shop」海外発送品に不良品が相次ぐ・・運営側の対応も問題に

2020年9月23日
KPOP monsterをフォロー!