J.Y.Park、SMエンタのオーディションに落とされた訳ではなかった?! 「採らなかったのではなく、彼が来なかった」 当時オーディションを担当したイ・スマン氏が明かす

左:J.Y.Park 右:イ・スマン(SMエンターテイメントメインプロデューサー)
左:J.Y.Park 右:イ・スマン(SMエンターテイメントメインプロデューサー)

SMエンターテイメント(以下、SM)のCEOを務めるイ・スマンが、JYPエンターテイメントに所属する歌手兼プロデューサーであるJ.Y.Parkをオーディションした際のエピソードを明かし話題となっている。

J.Y.Parkは、1994年に歌手としてソロデビューを果たし歌手として活動する一方で、1997年にJYPエンターテインメントを創立し、人気K-POPアイドルグループであるTWICEITZYNiziUなどを誕生させた敏腕プロデューサーだ。

TWICE

TWICE

そんな彼だが、ソロデビューするまでにいくつもの芸能事務所のオーディションに参加し、ことごとく落選していたというエピソードを持っている。そのエピソードの中でも有名なのが、当時から韓国の大手芸能事務所であったSMのオーディションを受けて落ちたというものだ。

J.Y.Parkは様々なバラエティ番組で、この時のエピソードを披露している。直接イ・スマンにオーディションをしてもらったものの、キャスティングされることはなく、その時J.Y.Parkが持ち込んだ曲だけ売ってほしいと頼まれた、というエピソードだ。

しかし、イ・スマンはこのエピソードについて、自分がJ.Y.Parkを選ばなかったのではなく、J.Y.Parkが自分を選ばなかったのだと発言した。

【動画】BoA「Nobody Talks To BoA」Ep.3(記事の内容は12:02〜)

ソロ歌手BoAのリアリティ番組コンテンツに出演したイ・スマンは、彼女との話の流れで出てきたJ.Y.Parkについて「自分よりすばらしいプロデューサーの話をしてどうするの」と評価しつつも「プロデューサーとしては互角だと自信を持ってJ.Y.Parkに言えるけど」と、バラエティセンスの効いた発言を披露した。

そしてJ.Y.Parkのオーディションエピソードについて「(J.Y.Parkがバラエティ番組に)毎回出て『自分を取ってくれなかった』って話すけど、オーディションを1回受けただけで去っていく人がどこにいるのと自身の考えを明かした。

オーディションを1回受けて落ちたからといって、諦めず何回もSMに挑戦し続けていれば、もしかしたらJ.Y.ParkはSM所属のアーティストとしてデビューしていたかもしれないということのようだ。

イ・スマンは続けて「まだ、SMのオーディションを受けるつもりがあるなら、こちらも用意を・・・」と発言し、現場にいたBoAやスタッフたちの笑いを誘った。

J.Y.ParkがSMのオーディションに落ちたというのは、本人の口から何回も語られた有名なエピソードだったが、イ・スマンは自分が捨てたのではなく、彼が去っていったという認識のようだ。

しかし、J.Y.ParkがSMのオーディションに落ちていなかったら、JYPエンターテインメントに所属するアーティストたちは誕生していなかったということを考えると、彼がオーディションに落ちたことに感謝するしかないのかもしれない。


左:J.Y.Parl(パク・ジニョン) 右上:TWICE 右下:NiziU

TWICE、NiziUの生みの親J.Y.Park、新たなガールズグループの構想を明かす! 次はアメリカ版「NiziU」か

2020年9月22日
J.Y.Park、TWICE(右)

J.Y.Park、過去にTWICEのコンサートでセキュリティーに捕まってた!? “例外なし”で現場を取り締まるスタッフの仕事ぶりに拍手喝采

2020年9月13日
TWICE サナ(左)、J.Y.Park(右)

TWICE サナ、NiziUの生みの親J.Y.Parkを絶賛! 「話す言葉すべてが名言‥」サナが思うJ.Y.Parkの人気の秘訣とは‥?[動画あり]

2020年8月27日
(左上から時計回りに)TWICE モモ&サナ、J.Y.Park、NiziU

TWICE & NiziUが楽しくディスコ! J.Y.Park(パク・ジニョン)の話題の新曲「When We Disco」をカバーするダンス動画を公開

2020年8月20日
NCT 127、TWICE(右)

SMとJYPが共同でオンラインコンサート会社を設立! コンサートの企画にはJ.Y.Parkが参加・・・まずはTWICEからスタート

2020年8月5日
KPOP monsterをフォロー!