BTS(防弾少年団)は「現代のブルース・リー」! スティーヴ・アオキが彼らを呼ぶ納得の理由とは・・?

BTS(防弾少年団)、スティーヴ・アオキ

BTS(防弾少年団)と3回コラボを果たしているスティーヴ・アオキは、彼らは「ブルース・リーのような存在」だと話している。

アメリカの人気DJ/音楽プロデューサー スティーヴ・アオキは、先日受けたインタビューで、最新ヒットチューン「Waste It On Me」で3度目のコラボを果たしている、BTS(防弾少年団)について語った。

「Waste It On Me」は、BTSが初じめすべて英語の歌詞で歌っている楽曲だ。このことについて、スティーヴ・アオキは完璧な英語の発音で歌わないことに真実性がある、と話している。

「完璧にしてほしくなかったんだ。アメリカ人が聞きたいような、発音で歌ってほしくなかったんだ。彼らが歌いたいように、歌ってほしかった。僕自身の気持ちや、聞く人の気持ちに近づけたかった。聞く人の気持ちや、声にね」

「この曲は本当に美しいよ。BTSが最高に歌ってくれている。みんなが聴いたとき、BTSの魂の声が聞こえると思う」-スティーヴ・アオキ

https://twitter.com/steveaoki/status/1064530409432801280

また、スティーヴ・アオキは、幼い時、主に白人が多い地域で育ち、疎外感を感じていたこともあったそうだ。そういったときに、音楽が自分のアイデンティティーを受け入れ、克服するのに役だったという。

「僕はこうして道を見つけることができて、とても嬉しい。どんな人にも、周りに溶け込めていないと感じることがあると思う。僕は若い頃の自分に話したい。自分にはなにも才能がない、将来こんな大きなことをやり遂げるって知らなかった、アジア人の子どもに話したい」-スティーヴ・アオキ

さらに、スティーヴ・アオキは、自分を受け入れるのにブルース・リーがとても大きな影響を与えてくれた、と話す。そして、現在はBTSがそういった役割を果たしていると語っている。

「僕はブルース・リーを見て育ったんだ。けどブルース・リーがいなくなった後、文化を越えて世界中から愛される、彼のポジションを埋めることができる人は、現れなかった。世界中から愛されるアジア人のスターや、ミュージシャン、アーティストとかね。だから、BTSは僕にとって、現代のブルース・リーなんだ」-スティーヴ・アオキ

BTS(防弾少年団)

BTS(防弾少年団)、映画公開わずか4日間でワン・ダイレクション超え! コンサート映画として歴代1位の興収を記録

2018年11月20日
BTS(防弾少年団)、スティーヴ・アオキ、「Waste It On Me」MV

BTS(防弾少年団)&スティーヴ・アオキのヒット曲「Waste It On Me」のMVが公開! まるでコメディ映画だとファン大絶賛[動画あり]

2018年11月20日
BTS(防弾少年団)、エド・シーラン

BTS(防弾少年団)、エド・シーランとのコラボ計画が進行中か!? エドがすでに曲を書いたことを明かす

2018年11月20日
BTS(防弾少年団)ジン

BTS(防弾少年団)ジン、2億円の豪華アパートメントを現金一括で購入

2018年11月19日
BTS(防弾少年団)

BTS(防弾少年団)初の映画が公開! 興奮しすぎたファンのマナーが問題に…「うるさい」「映画はコンサートじゃない」[動画あり]

2018年11月19日

BTS(防弾少年団)ジョングクとチャーリー・プースのコラボビハインド映像が公開

2018年11月18日