「LOUD」、日本人参加者 コウキの表情演技と表現力がまさにアカデミー級! 13歳とは思えない才能にPSYも感嘆

コウキ
コウキ

TWICENiziUを発掘した、JYPエンターテインメント(以下JYP)の創業者 J.Y. Park(パク・ジニョン)と、世界的大ヒット曲「江南スタイル」の主人公でP NATION代表のPSY(サイ)がタッグを組んだ韓国の大型オーディション番組『LOUD(ラウド)』。その6話が、7月31日にdTVにて配信され、日本人参加者のコウキが13歳とは思えない実力とリーダーシップでPSYを魅了した。

『LOUD』は、次世代ボーイズグループ発掘オーディション。日本人6人を含む総勢75人が各国から参加している。最終ステージまで進んだ参加者の中から、JYPから1組、P NATIONからも1組、計2組のボーイズグループがデビューする。

前回までの放送で全参加者 75人中30人が第1、2ラウンドを突破し、第3ラウンドに進出。今回の6話では、全員がJYPの練習生として練習をするJYPラウンドの後半が公開された。

ダンス創作チームのうちの1つ「ヤングマウンテン」のメンバーとして韓国人参加者 ジョンミンとヒョクジュンと共にステージに立ったコウキは、他のメンバーふたりよりも体が一回り以上小さいにもかかわらず、ダイナミックなダンスで一切見劣りしないダンスを披露した。

「ヤングマウンテン」チームは、EXOのobsessionを披露。中間評価では、メンバーふたりがコウキについていけずバラバラに見えたとJ.Y.Parkから評価を受けると、その翌日、コウキは翻訳機を使いながら、韓国人メンバーふたりに指摘されたところを伝え、チームを引っ張った。コウキは、紙にアドバイスをもらったポイントをまとめ、その様子を動画にしてメンバーに共有するなど、13歳とは思えないリーダーシップを発揮。

さらにコウキは、振り付けにも参加。歌詞の意味や、曲中の効果音に合わせてダンスを作ったと話した。

3人は、ジョンミンとヒョクジュンが考えたストーリーに合わせ、「明」と「暗」を意識したステージを披露。コウキは、ダンスの実力はもちろんのこと、13歳とは思えない表現力と表情演技でスタジオを魅了。字幕では「最年少アカデミー賞級」と称され、拍手喝采を巻き起こした。このステージを見たPSYは「コウキ君は驚きの連続でした。(中略)本当に圧巻でした。」と絶賛した。

結果

個人個人はよかったものの、チームよりも個人が光って見えた点が惜しかったと言う評価を受けた「ヤングマウンテン」チームはチーム点は88点という少し残念な結果に。最終的な、個人ランキングはコウキ 4位、ヒョクジュン 9位、ジョンミン 11位に。9位のヒョクジュンと11位のジョンミンは脱落者候補となってしまった。

脱落者候補6人の中からPSYが選んだ、P NATION PICKでジョンミンは復活。ヒョクジュンは残念ながら、第3ラウンドで脱落となった。

今回放送された第3ラウンドでジャスティン・キム、イ・テウ、ムン・ヒョクジュン、ナ・ユンソの4人が脱落。最後に発表された、ファン投票の中間集計ではイ・ゲフン、ウ・ギョンジュン、チョン・ジュンヒョク、オ・ソンジュンそして日本人参加者のアマルがトップ5にランクインした。

 

オ・ソンジュン

「LOUD」、P NATION 練習生 オ・ソンジュンが代表PSYを挑発!? 「油断していたらJYPに取られますよ」 自信満々な姿にJ.Y.Parkも胸キュン

2021年7月27日
「LOUD」練習生 イ・ゲフン、ウンフィ(右)

『LOUD』、楽曲制作から振り付けまですべて自分たちで行うクリエイティブな練習生同士のバトルがレベチ! 「まさに次世代K-POP」ともいえるパフォーマンスにJ.Y. Park&PSYも感嘆[動画]

2021年7月26日
パク・ヨンゴン(左) キム・ジョンミン

「LOUD」キム・ジョンミン & パク・ヨンゴン、対戦相手を挑発するダンスブレイクにスタジオ熱狂! 「可能性は無限大」とJ.Y.Parkも大絶賛

2021年7月26日
ナム・ユンスン(左)、ハルト

「LOUD」、クラシックダンス経験者が激突! 日本人参加者ハルトの評価は・・? 異色の対決に興味津々・・ 「鳥肌がたった」「やばすぎ・・」

2021年7月20日
ケイジュ

「LOUD」、日本人参加者 ケイジュの愛らしさにPSYもメロメロ! 「ケイジュがほほえむとみんな笑顔になる」 圧倒的スキルとかわいさで視聴者を魅了

2021年7月19日
KPOP monsterをフォロー!