BLACKPINK ジス&リサに対して不適切な言葉が使われファン激怒・・ 「Rolling Stone Korea」に謝罪を求める声殺到・・ ハッシュタグ「RESPECT BLACKPINK」がトレンド入りに

BLACKPINK ジス(左)、リサ(右)
BLACKPINK ジス(左)、リサ(右)

BLACKPINK ジスリサに対して不適切な言葉を使ったとして、雑誌 『Rolling Stone Korea』に謝罪を求める声が殺到している。

雑誌『Rolling Stone』の韓国版は先日、世界的に人気を集めるK-POPガールズグループ BLACKPINKの記事をリリース。記事の中にジスに対する敬意が欠けている言葉、またリサに対する人種差別にあたいする言葉が含まれていたとして、ファンから謝罪の声が殺到している。

今回ファンが『Rolling Stone Korea』に謝罪を求めている理由の一つが、ジスアイドルとしての才能を軽視した記載があったからだ。

記事には「Although she does not possess the most outstanding talent in the group as a vocalist or dancer, her growth is much more apparent.」(ジスはグループ内で、ボーカリストやダンサーとして一際飛び抜けた才能を持っているわけではないが、彼女の成長は著しい)との記載があり、ジスの才能を軽視しているように聞こえる。このような記載の仕方に、ファンはジスに対する敬意が欠けていると感じたようだ。

▼問題になっている部分

またリサに対しては、“人種差別”ともとれる言葉が使われていたとして、『Rolling Stone Korea』に謝罪を求める声が殺到している。

リサはタイ出身のメンバーであり、以前にも何度か人種差別を受けたとして問題になったことがあった。今回ファンが指摘しているのは、「exotic appearance(異国風の外見)」「kinks(風変わり)」という言葉だ。特に外見に関する言及はセンシティブな問題でもあるため、「他の言い方があったはず」などと言葉のチョイスを疑問視する声があがっている。

▼問題になっている部分

これらがきっかけとなり、ファンからは『Rolling Stone Korea』に対してジスとリサに謝罪を求める声が殺到。Twitterでは「RESPECT BLACKPINK(BLACKPINKを尊敬して)」「RESPECT JISOO (ジスを尊敬して)」「APOLOGIZE TO LISA(リサに謝罪を)」などのハッシュタグがトレンド入りした。

▼ファンの反応

「Rolling Stone Koreaはジスがプロフェッショナルではないって言ってることになる」
「ジスは美貌だけでBLACKPINKにいるみたいな言い方やめてほしい。 あんなに一生懸命働いてるのに」
「尊敬に欠ける」
「外国人ってだけで“EXOTIC”?? これは人種差別だね」

BLACKPINK

ついにBLACKPINKが帰ってくる! 約1年10か月ぶりのカムバックが確定! K-POPガールズグループ史上最大規模のワールドツアーも

2022年7月6日
BTS(防弾少年団)(上段)、NCT 127(下段)

「なんでこの曲が!?」 放送禁止判定を受けたK-POPソング12選! BTSにNCTの楽曲も・・ 歌詞が下品、ブランド名を言及.. その理由に驚き

2022年7月3日
(左)BTS V(右)BLACKPINK リサ

BTS V、BLACKPINK リサから「オッパ」呼び!? Vに控えめに声をかけたリサが放った言葉にビックリ… 普段は見ることのできない2人の貴重なやりとりにメロメロ

2022年6月28日
BTS V、パク・ボゴム、BLACKPINK リサ(右)

BTS V、パク・ボゴム、BLACKPINK リサ、プライベートジェットで一緒にパリへ! スター3人が集結するイベントに注目殺到

2022年6月24日
(左から時計回りに)TWICE ジヒョ、(G)I-DLE ミンニ、TWICE ミナ、BLACKPINK リサ

TWICE ミナ・ジヒョ & BLACKPINK リサ & (G)I-DLE ミンニ、超豪華すぎるプリクラを大公開! 歴代級の美女がそろう“97ライン”のなかよしショットがかわいすぎる

2022年6月23日
BLACKPINK リサ

BLACKPINK リサ、(G)I-DLE メンバーの両親と共に彼女たちのコンサートを訪問! リサの親友とはいったいだれ? つながりと絆を大切する人情深さに感激

2022年6月20日
KPOP monsterをフォロー!