THE BOYZ、日本ファンコンサート開催!「THE BOYZ FAN CON 2024:ZENERATION-ENCORE IN JAPAN」220分のステージをレポート! トレンディエンジェル 斎藤司も登場【写真あり】

THE BOYZNEWS
THE BOYZ

グローバルで活躍する韓国のボーイズグループ、THE BOYZ(ドボイズ)が、2月3日(土)・4日(日)の2日間、ぴあアリーナMMにてファンコンサート「THE BOYZ FAN CON 2024:ZENERATION-ENCORE IN JAPAN」を開催した。

ファンへの感謝を伝える感動の220分のステージ! 「神ファンサ」続出でTHE Bも大喜び!

今回のファンコンは、昨年の日本ツアーのアンコール公演として開催されたもので、チケットは早々に完売し、急遽追加の立見席が販売された。THE B(ドビ=公式ファンダム)が客席を埋めつくし熱気に包まる中、THE BOYZが登場。

Photo by 小境勝巳

Photo by 小境勝巳

オープニングの1曲目は人気曲「Ego」からスタートした。大人数のダンサーを従えたダイナミックなパフォーマンスで観客を一気にTHE BOYZワールドに引き寄せた。続けて「REVEAL」「Awake」「ROAR」とハードなダンス・ナンバーを立て続けに披露。

Photo by 小境勝巳

Photo by 小境勝巳

続いてトロッコに乗って場内を回りながらパフォーマンスし、近い距離でファンを魅了した。そして今回は、ファンコンならではのスペシャルな企画も充実。昨年の日本ツアーのビハインド座談会と題して日本滞在中の秘蔵映像やエピソードが紹介されるコーナーや、メンバーからのバレンタイン・プレゼントとして、THE Bから募集した愛のメッセージをメンバーがコメントするイベントが設けられた。

Photo by 小境勝巳

Photo by 小境勝巳

さらに、公演2日目となる4日(日)には、このコーナーにMCとしてトレンディエンジェルの斎藤司が登場。メンバーと一緒に「WATCH IT」のダンスを披露し、息ぴったりの掛け合いで会場を盛り上げた。

Photo by 小境勝巳

Photo by 小境勝巳

後半では、最新の韓国アルバム『PHANTASY Pt.2 Sixth Sense』に収録された曲を披露。「Fantasize」ではメンバーそれぞれが花束をファンにプレゼントするサプライズ演出。グループ初となる英語ナンバーとなるソヌとエリックによるユニット曲「Honey」や、サンヨン、ジェイコブ、ケビン、ニューによるスペシャル・ユニット曲「Rat In The Trap」ではTHE BOYZにとって新たなスタイルをアピールした。

Photo by釘野孝宏

Photo by釘野孝宏

アンコールでは再びトロッコに乗ってメンバーが登場し、「Bloom Bloom」そして客席におりて「Fire Eyes」を披露。THE Bの近くで目を合わせて歌う姿にその後のトーク・パートでは、サプライズ企画として、メンバーそれぞれが用意してきた日本語の手紙を読み、思い思いの文章でTHE Bへの感謝の気持ちを伝えた。ここでサプライズは終わらず最後の曲では「CLOSER」を、メンバーのアイデアでこの日のために日本語で初披露し会場は感動の渦に包まれた。

Photo by釘野孝宏

Photo by釘野孝宏

一段とスケールアップしたダンスと歌唱で多彩な魅力を発散しつつ、ファンコンならではの近い距離感でTHE Bを存分に魅了した220分のステージ。THE BOYZは、「2日間、THE Bの皆さんと一緒にできて幸せな時間でした。THE Bの皆さんが笑って、幸せそうな姿を見て僕たちも幸せになりました」として、「この思い出を心の中に長く留めるようにします。一生忘れられない特別な思い出になりそうです。たくさん愛しています」と日本のファンに会った感想を述べ、ファンから熱い反響を得た。

Photo by 小境勝巳

Photo by 小境勝巳

尚、THE BOYZは4月に再び来日し、Kアリーナ横浜で開催されるテレビ朝日開局65周年記念「The Performance」に出演する。また、メンバーのサンヨンは、2月8日~28日にかけて有楽町よみうりホールで公演されるミュージカル『愛の不時着』にク・スンジュン役で出演する。

セットリスト

THE BOYZ FAN CON 2024:ZENERATION-ENCORE IN JAPAN

1. Ego
2. REVEAL
3. Awake
4. ROAR
5. KeePer
6. Make or Break
7. Only ONE
8. Fantasize
9. LIP GLOSS
10. Passion Fruit
11. 夢シリーズ・メドレー:Lucid Dream~Daydream~Butterfly~Wings(胡蝶夢)
12. Nightmares(黑花)
13. WATCH IT
14. BREAKING DAWN
15. Honey
16. Rat In The Trap
17. Russian Roulette
18. MAVERICK
19. Dear.
20. ALWAYS TOGETHER
<ENCORE>
21. Bloom Bloom
22. Fire Eyes
23. CLOSER

イベント

テレビ朝日開局65周年記念「The Performance」

2024年4月12日(金)~14日(日)
※THE BOYZは14日に出演

開場15:30 開演17:00

会場:Kアリーナ横浜

The Performance オフィシャルサイト
2024年4月12日(金)・13日(土)・14日(日)Kアリーナ横浜

BIOGRAPHY

2017年12月6日に韓国でデビュー。グループ名には“⼤衆の⼼を虜にするたった⼀⼈の少年になる”という意味が込められている。

2020年韓国の放送局「Mnet」の⼈気サバイバル番組『Road to Kingdom』にて累積得点数・ファイナルステージともにW優勝を果たし、2021年4⽉より放送された『KINGDOM : LEGENDARY WAR』では実⼒者たちの中でも一際⽬⽴つパフォーマンスで最終結果は2位に

どんなコンセプトもTHE BOYZだけのカラーで観客を魅了し、レベルの高いステージ・パフォーマンス力を持つことから「パフォーマンス職人」と呼ばれることも。

2022年は韓国で国民的人気ウェブ漫画『俺だけレベルアップな件』のコラボ曲をリリース。 同年5月からは「THE BOYZ WORLD TOUR : THE B-ZONE」としてアメリカ6都市、ヨーロッパ4都市を廻りアンコール公演を地元ソウルのオリンピック公園 体操競技場(KSPO DOME)を3日間開催。10月からは自信初となる日本ツアー「THE BOYZ JAPAN TOUR: THE B-ZONE」を神戸、福岡、東京の全3箇所開催し国内外での絶大なる人気を証明。

2023年にはぴあアリーナMMでのファンコンサートを2日間大成功に収め、日本全国ツアー「THE BOYZ 2ND JAPAN TOUR: ZENERATION」では全国6都市を廻り約5万名を動員した。日本含むアジア12都市を廻るワールドツアーも大盛況に終わり、同年11月にはMTVが主催する音楽アワード「MTV VMAJ 2023」ではアジアを代表するグループに贈られる特別賞『Best Asia Group』を受賞した。

Member

SANGYEON (サンヨン) 生年月日 1996.11.04
JACOB (ジェイコブ) 生年月日 1997.5.30
YOUNGHOON (ヨンフン) 生年月日 1997.8.8
HYUNJAE (ヒョンジェ) 生年月日 1997.9.13
JUYEON (ジュヨン) 生年月日 1998.1.15
KEVIN (ケビン) 生年月日 1998.2.23
NEW (ニュー) 生年月日 1998.4.26
Q (キュー) 生年月日 1998.11.5
JU HAKNYEON (チュハンニョン) 生年月日 1999.3.9
SUNWOO (ソヌ) 生年月日 2000.4.12
ERIC (エリック) 生年月日 2000.12.22

LINK

THE BOYZ日本公式サイト: https://theboyz.jp

日本X (旧Twitter): https://twitter.com/THEBOYZJAPAN

韓国X (旧Twitter): https://twitter.com/IST_THEBOYZ

Instagram: https://www.instagram.com/official_theboyz/

LINE: https://line.me/R/ti/p/@the_boyz?from=page

YouTube: https://www.youtube.com/c/THEBOYZofficial

ユニバーサル ミュージックTHE BOYZサイト: https://www.universal-music.co.jp/the-boyz/

KPOP monster SNSをフォロー!
テキストのコピーはできません。