ARMY(BTSファン)の新流行誕生か?! BTSドールを本物そっくりに変身させSNSで披露&交流 …髪の毛を抜いてカツラをつくる猛者まで登場

BTS V

BTS(防弾少年団)のファッションドールをARMY(ファン)がリメイク。その完成品がそっくりだと話題になっている。

BTSは今年3月、バービー人形などで知られるアメリカの大手玩具メーカー「マテル」とコラボし、BTSのファッションドールの販売を開始した。

BTS(防弾少年団)、BTSファッションドール

ついにBTS(防弾少年団)のファッションドールがお披露目! 表情や衣装の細かい部分まで再現

2019年3月27日

このドールの販売が開始されると、そのまま使用するのではなくオリジナルにアレンジするARMYが急増。服を作成したりメイクを施して自分の満足いく“推し”に仕上げるようだ。

中でもVのドールの反響が凄まじいというので、話題になったアレンジをいくつか紹介しよう。

▼Before&After

そのままでもカッコイイ(左)Vのドールに、シックなグレーのシャツを着させた。黒いアンダーラインでVのセクシーな目元の印象を強調している。唇のツヤ感も、不思議なほどリアルな仕上がりだ。

▼After

https://twitter.com/MarisInsik/status/1155900332397846529

金髪とピンク色で真っ二つに分かれていた髪の毛をすべて引き抜き、新たなカツラを被せたドール。髪の毛を変えただけでガラッと印象が変わり、一気にVにそっくりになった。

▼After

https://twitter.com/loveis9597/status/1155735030171201536?s=21

このドールも先ほどと同様に、髪の毛をすべて自分好みに変えたようだ。アッシュで眺めのスタイルに、メイクもブラックで統一。一匹狼のようなイメージに仕上げている。ジミンと並べれば、その違いは歴然だ。

https://twitter.com/pxvlxnx/status/1155018782718529538

本人の写真と比べると、髪のウェーブした感じや、どこか冷たく危険なオーラが漂うVの雰囲気にそっくりなのが分かる。

このように、オリジナルのドールを仕上げるのが一部のARMYの間で流行している。紹介したドールの持ち主も韓国やアメリカなど様々。

ARMYたちは国境を越え、SNSを通してオリジナルのドールをキッカケに交流して楽しんでいるようだ。

BTSが年々激しくなるダンスにモノ申す!「どうして激しくなるんですか!?」思わずキレてしまった彼らの動画まとめが話題[動画あり]

2019年7月30日

「パンPDの嘘つき!!」騙されてBTSメンバーになってしまったシュガ、デビュー前にいったい何が

2019年7月30日
BTS(防弾少年団)ジョングク

“ベイビージョングク”は今も健在? BTS ジョングクの幼少期と同じ角度の写真が話題に

2019年7月29日

「一般席にBTSのジミンが・・!?」Wanna One出身ハ・ソンウンの単独コンサートで一般客にまじって鑑賞するBTSジミンの姿がキャッチされる[証拠写真あり]

2019年7月29日