BLACKPINK メンバーの歌の分量を徹底調査! パート配分が多かったのは誰・・?

BLACKPINK

人気K-POPガールズグループ BLACKPINKといえば、歌やダンス、カリスマ性はもちろんのこと、スタイルやビジュアルなど、ガールズグループのメンバーとして必要な要素をすべて兼ね備えた者ばかりだ。その中でも、歌のパートを一番任されているのは誰なのだろうか。

海外のあるK-POPサイトは、BLACKPINKがこれまでに発表した全楽曲(「WHISTLE」「BOOMBAYAH」「PLAYING WITH FIRE」「STAY」「Kiss and Make Up」「AS IF IT’S YOUR LAST」「DDU-DU DDU-DU」「Forever Young」「Really」「See U Later」「Kill This Love」「Don’t Know What To Do」「Kick It」「Hope Not」)の各パート配分を徹底調査。その結果を発表している。

クールなラップとキャッチーなサウンドが特徴のデビュー曲「BOOMBAYAH」でパートが一番多いのはメインボーカルのロゼ(29.5%)。残りのメンバーの分量に大差はなく、23%~24%程度であった。

【動画】BLACKPINK「BOOMBAYAH」MV

BLACKPINKの代表曲の一つである「DDU-DU DDU-DU」でも、ロゼが最多分量を獲得(29.3%)。次いでジェニー(28.9%)、ジス(24.9%)となっている。リードラッパー兼サブボーカルのリサは意外にも同曲のパート配分は少なく、16.9%であった。

【動画】BLACKPINK「DDU-DU DDU-DU」MV

一方、イギリス人歌手デュア・リパとのコラボ曲「Kiss and Make Up」では、リサが大活躍。30%を超える分量を獲得している。

【音源】デュア・リパ&BLACKPINK「Kiss and Make Up」

これら14曲全てのパート配分を平均したところ、もっとも分量が多かったのはメインラッパー兼リードボーカルのジェニー(28.4%)であり、0.1%差でロゼが続く結果となった。


BLACKPINKの「BOOMBAYAH」「Kill This Love」など、各ヒット曲を一番消化できているメンバーは誰? ネチズンがピックアップ

2020年5月5日

BLACKPINK、ついにカムバック確定! 新曲の収録はすでに完了、MV撮影後、6月ごろに実現か

2020年5月4日

BLACKPINK ジェニーが考える“アイドル”の責任とは? 「私も誰かの人生に影響を与えるかも・・」

2020年4月30日
BLACKPINK、BLACKPINKのマスク(右)

BLACKPINK、再利用可能なロゴ入り布マスクをローンチ! 収益は全額寄付へ

2020年4月27日
BLACKPINK、レディ・ガガ(右)

BLACKPINK、噂されていたレディ・ガガとのコラボが実現! ガガの新アルバム「クロマティカ」にてコラボ曲を公開へ

2020年4月23日
KPOP monsterをフォロー!