「すっごい甘いなって思った」PRODUCE 101 JAPAN 2、涙を流して本音をぶつけ合う練習生たちの物語に感動の声殺到! 厳しい言葉をかけながらも、最後まで仲間を信じて支え合う姿が美しすぎる【「無限大」編】

「PRODUCE 101 JAPAN 2」 JO1♫無限大 - 1組
「PRODUCE 101 JAPAN 2」 JO1♫無限大 - 1組

「PRODUCE 101 JAPAN SEASON2」第4話にて、ランキング上位の練習生たちによっておこなわれたグループバトルが話題に。シーズン1でデビューしたJO1の楽曲「無限大」のステージに、国民プロデューサーたちの視線はくぎづけになっている。

4月29日に配信された第4話では、前回に引き続き、練習生たちの白熱したグループバトルの模様が明らかに。今回はその中から、ランキング上位&Aクラスの練習生たちが多くそろっていることで期待を集めたJO1「無限大」のステージに注目する。

1組・木村チーム

木村柾哉・西洸人・尾崎匠海・飯沼アントニー・太田駿静・藤牧京介で構成された1組は、初回の暫定順位1位&60人パフォーマンスでセンターを務めた木村や、豊富な経験と端正なビジュアルの持ち主である西がいるということもあり、チームが決まった時点から大きな話題に。まさに“アベンジャーズ”として注目を集めた1組は、リーダーとセンターを木村が兼任することとなった。1組の練習風景には、別のチームの練習生たちも思わずくぎづけになっており、1組がどれほど一目置かれる存在か、そのカリスマが伝わってくる。

木村はライバルである2組の田島を意識し、自身の1位の座をなんとしても守りたいと意気込みをあらわに。木村はレッスンにてKENZOが2組を評価したことに焦りを感じると、ダンスの構成を見直すため試行錯誤し、そんな木村の姿を見た西は、メンバーたちをダンスの面でも雰囲気の面でもさらに先導。西のアイデアで声を出しながらダンスするようにすると、チームはますます輝きはじめ、メンバーたちの表情も生き生きと変化した。

ダンスの実力に不安を抱いていた藤牧も、さらにパフォーマンスを上達させることはもちろん、すでにその才能が認められているパワフルな歌声をより強化。迎えた本番前最後のレッスンでは、菅井秀憲から「ここまで最後まで見たいなって思ったのはいなかった。前回も」「ヤダ悔しい! こんなこと言ってる俺」と最高の評価をもらい、KENZOからも「ステキでした」とほめられた。仲宗根のレッスンでは2組と向き合いながらパフォーマンスし、絶対に負けたくないという熱い意志をあらわに。仲宗根からも「すごくいい仲間」とお墨付きをもらった。

#4 ハイライト|戦うからには正々堂々と[無限大/JO1 1組]

ついに始まったステージでは、登場した瞬間から会場の空気が変化。ひときわ注目度が高い木村もさることながら、このステージは目が何個あっても足りないほど、練習生1人1人の魅力が大爆発。藤牧の高音パートで、KEN THE 390は思わず「ヤバい!」と声をあげ、青山テルマも「最高」と絶賛。サビ部分では見ていた練習生たちの興奮も最高潮になった。メンバーたちは些細な目線使いやディテールにも徹底的にこだわり、自身のパートではこれ以上ないほどの力でパワフルなパフォーマンスを披露。歌もダンスもすべてを妥協しない、まさに歴代級の舞台を披露した。

#4 ハイライト|JO1♫無限大 – 1組[グループバトル]

2組・四谷チーム

そんな1組に対し、「打倒1組」の情熱を掲げて結成されたのが、四谷真佑・西島蓮汰・古瀬直輝・田島将吾・小林大悟・小堀柊で構成された2組だ。田島はリーダーとセンターを兼任し、メンバーたちを的確なアドバイスで先導。もともと高い実力を誇る練習生たちで構成された2組だったが、ここで問題が発生。小堀と四谷が、そんなメンバーたちのパフォーマンスについていけなくなってしまったのだ。小堀は「自分のことで時間を取らせたくない」という思いから、次第にメンバーたちと距離をとるように。メインボーカルの四谷も、想像よりはるかに高い高音パートに苦しむ姿を見せた。1組の鬼気迫るパフォーマンスを見た後には、田島が「自分が全部計画を立てて、練習を進めてきて、それでチームのみんなが『劣った』って感じちゃってることが悔しい」と話し、菅井に自身のモヤモヤをハッキリ話せと促された際には、「チームが1つじゃない感じがする」と本音をあらわに。菅井はそんな2組に「君たちはケミストリーを起こせる。そのために必要なのは、言い合ってぶつかること」と喝を入れた。

練習が終わった後、小林は田島に「話しましょう。ありがとうございます、話してくれて」と自ら声をかけ、2組はミーティングをおこなうことに。そこで四谷は涙を流しながら「ダンスはわかってたけど、歌もできない…」と悩みを打ち明け、田島はそんな四谷の思いを「ありがとう、話してくれて」と受け止め、小林は「がんばりましょう。大丈夫」と励ました。そしてメンバーと距離が開いてしまっていた小堀は、自身への悔しさから「諦めてるわけじゃないけど、とりあえずはがんばるけど、サブボーカル②のパートを変えたほうがいい」と自暴自棄に。そんな小堀の言葉に「本音言っていい?」と口を開いたのは古瀬で、古瀬は「カメラとか気にしちゃって何も言えへんねんけど」とためらいながらも覚悟をきめ、「すっごい甘いなって思った」と一言。「『とりあえず』『仕方なく』『できるだけ』って言葉が… なんでそうなるかな?」と本音を打ち明け、古瀬は田島の負担を増やさないよう、自ら小堀の問題点を指摘する強さを見せた。

西島は「『練習してもできなかった』っていう『練習』は、自分が思う何倍もしてから『できなかった』って言わないと、周りはついてこないと思う」と話し、そんなメンバーの言葉に小堀は「先に行くための練習がわかんないから、技術的なことも教えてほしい…」と声を震わせ、メンバーに初めてSOSを出した。この小堀の言葉に古瀬は「やっとフィルターをどかして柊の本音が聞けた気がした」と話し、小堀も「直輝くんが言ってくれなかったら話せなかったと思う」と古瀬への感謝を明らかに。この話し合いをキッカケに、再び勝利に向かって走り出した2組。言いにくい本音もすべてさらけ出してお互いを理解しようとした2組のこのワンシーンには、国民プロデューサーから「なんていいチームなんだろう」「すばらしい」と涙する声が相次いだ。

#4 ハイライト|無限大/JO1 1組に勝つために”化学変化”を起こす・・・

いよいよ始まったステージで、まず見る人の心をわしづかみにしたのは、まさに“オールラウンダー”という言葉がふさわしいほど才能にあふれた古瀬の実力とその色気だろう。また、これまでの自信なさげな姿からは想像もつかない小堀の声には、KEN THE 390も「がんばった!」と笑顔になり、2組はますます磨きがかかったパフォーマンスでスタジオを圧倒。メンバーたちの「勝ちたい」という気持ちが1つになった力強くダイナミックなステージには、トレーナー陣も「いいね!」と大盛り上がり。思わず息を止めて見てしまうほどのステージは練習生や国民プロデューサーたちを魅了し、菅井も「かなり追い上げてきたこっちのグループ」と大絶賛。ステージ終了後には、小堀が「一緒にがんばって教えてくれた2組の方、ありがとうございました。残っても落ちても、この景色は絶対忘れられないものになりました」と涙ながらに話し、あらためて2組がすばらしいチームであったことが伝わってきた。

#4 ハイライト|JO1♫無限大 – 2組[グループバトル]

2チームの結果

どちらが勝ってもおかしくない勝負の結果、202対183でみごと勝利を手にしたのは1組。結果が発表されてもなお、しんと静まり返っていた控え室。2組はそんな1組に拍手を送り、古瀬は「悔しいな」と思わず涙。お互いへの感謝を素直に伝え、田島はチームのメンバーを「家族のような感覚」と表現。1組と2組、まさに伝説といえるステージを作り上げた2チームの物語は、国民プロデューサーたちの心に深く刻まれたことだろう。


「PRODUCE 101 JAPAN 2」GENERATIONS from EXILE TRIBE♫AGEHA - 2組

ぶつかり合う本音と葛藤!「PRODUCE 101 JAPAN 2」グループバトルにかける練習生たちの情熱に圧倒される人続出… 勝利を目指したそれぞれのゆずれない想いと戦いがアツすぎる【「AGEHA」編】

2021年4月27日
「PRODUCE 101 JAPAN 2」BTS♫I NEED U - 2組

本当に未経験なの!? 「PRODUCE 101 JAPAN 2」最初のグループバトルに衝撃を隠せない声殺到… まるで人が変わったかのようにメキメキと上達する練習生たちの実力がスゴすぎる… 白熱のステージをプレイバック【「I NEED U」編】

2021年4月26日
「PRODUCE 101 JAPAN 2」飯沼アントニー

飯沼アントニーっていったい何者!? 「PRODUCE 101 JAPAN 2」のトレーナー陣が早くも心を奪われた練習生・飯沼のカリスマがすさまじすぎる… 見る人を一瞬にして魅了してしまう彼にトレーナーが贈った称賛とは

2021年4月25日
「PRODUCE 101 JAPAN SEASON2」

こんなことってあるの!? 「PRODUCE 101 JAPAN 2」 レベル分けテスト再評価の結果が衝撃的すぎる… “スーパー飛び級”に期待のアノ練習生のまさかの降格… 予想だにしなかった展開の連続に国民プロデューサー騒然

2021年4月23日
(左)仲宗根梨乃(右)「PRODUCE 101 JAPAN 2」松本旭平・枝元雷亜・飯吉流生

「悔しくて泣けてくる…!」PRODUCE 101 JAPAN 2 でトレーナー・仲宗根梨乃が練習生たちへ涙ながらに伝えた想いに感動! 練習生とトレーナーの熱い絆&ぶつかり合う情熱に心を奪われる国民プロデューサー続出

2021年4月21日
KPOP monsterをフォロー!