BTS(防弾少年団)、「オリコン年間ランキング 2018」アーティスト部門にランクイン! 海外アーティストとして唯一

Wanna OneNEWS

BTS(防弾少年団)が、オリコン年間ランキングトップ10に唯一の海外アーティストとしてランキンクインした。

12月20日、日本のメジャー音楽チャート オリコンは、2017年12月11日から2018年12月までのセールスを集計し、ランキング化した「オリコン年間ランキング 2018」を発表。年間アーティスト別セールス部門で、韓国の大人気ヒップホップグループBTS(防弾少年団)が、唯一の海外アーティストとしてトップ10入りを果たした。

BTSは、年間52.7億円のセールスを記録し、日本の人気アーティストらと並んで、6位にランクインした。ちなみにBTSが、同ランキングのトップ10にランクインするのは、今回が初めてとなる。

2018年4月に、BTSは3rd日本アルバム「Face Yourself」をリリースし、25万枚以上を売り上げ、日本レコード協会(RIA)からプラチナム認定を受けた。さらに11月7日にリリースされた9th日本シングル「FAKE LOVE/Airplane pt.2」は、発売からわずか1か月で売り上げは50万枚を超え、ダブルプラチナムに認定された。

「アーティスト別トータルセールス ランキング」

1位 安室奈美恵
2位 乃木坂46
3位 AKB48
4位 嵐
5位 三代目JSB
6位 BTS(防弾少年団)
7位 Kis-My-Ft2
8位 関ジャニ∞
9位 Hey! Say! JUMP
10位 欅坂46

KPOP monster SNSをフォロー!
テキストのコピーはできません。