ZEROBASEONE ジャン・ハオ、練習生時代の思い出の曲はBTS ジンの「Epiphany」! コンサート映像を見て思わず涙・・

ZEROBASEONE ジャン・ハオ、BTS ジン(右)NEWS
ZEROBASEONE ジャン・ハオ、BTS ジン(右)

ZEROBASEONE(ZB1)のメンバー ジャン・ハオが、練習生時代の思い出の曲としてBTS(防弾少年団)の意外な楽曲を紹介している。

【動画】[リムジンサービス] EP.87 ZEROBASEONE ZHANG HAO | Always, Rain, SO BAD, Epiphany(該当シーンは21:49~)

ZEROBASEONEのジャン・ハオといえば、生粋のK-POPファンとして有名。これまでにも、多くのK-POPアイドルのダンスをカバーする姿を披露しており、ガールズグループでもボーイズグループでも、曲が流れればなんでも踊れてしまうという特技も持っている。そんなジャン・ハオが練習生の時にとても心を動かされた楽曲があるという。

その楽曲とは、BTSが2018年に発表した『LOVE YOURSELF 結 ‘Answer’』に収録されているジンのソロ曲「Epiphany」だ。

【動画】BTS (방탄소년단) LOVE YOURSELF 結 Answer ‘Epiphany’ Comeback Trailer

ジャン・ハオは11月7日に公開された歌手 イ・ムジンがホストを務める人気YouTubeコンテンツ『リムジンサービス』に出演。自身のソロ曲「Always」や少女時代 テヨンの「Rain」、STAYCの「So Bad」などを披露し、最後にイ・ムジンとのデュエット曲としてジンの「Epiphany」を選んだ。

ジャン・ハオによると、同曲はとても思い入れのある楽曲なのだとか。彼は練習生時代にジンがコンサートで、「Epiphany」をピアノで弾き語りしている映像を見たそう。その際、心のこもったジンの歌声に感動し、思わず泣いてしまったのだという。それ以来、いつか自分もこの曲を歌ってみたいと思っていたそうだ。


そこで今回、イ・ムジンとのデュエット曲に「Epiphany」を選曲。イ・ムジンと一緒に切なく歌ってみたい、という気持ちから長年披露することを望んでいたという「Epiphany」を心を込めて歌い上げた。

バイオリン奏者としても知られるジャン・ハオは、今回、イ・ムジンからのリクエストでギターとバイオリンの即興セッションにも挑戦。その際はBTSの「Dynamite」を選曲し、一発で完ぺきなメロディーを奏でイ・ムジンを驚かせた。

KPOP monster SNSをフォロー!
テキストのコピーはできません。