「本当に傷つくのは僕じゃない」 BTSの行き過ぎたアンチになると起こるできごと・・・悪質ユーザーの対処のためARMYに協力求める

BTS
BTS

8月26日、BTS(防弾少年団)の所属事務所は彼らを中傷するアンチユーザー30人を告訴することを明らかにした。

世界中で注目を浴び、2019年を代表するアーティストとして名高いBTS。

そんな彼らを誹謗中傷したり、悪質なデマなどを拡散するような行き過ぎた行動をする者には、一体どのような結末が待っているのだろうか。

今回の対応について

警察は、今までも行き過ぎた悪質なネットユーザーの名誉棄損などに罰金対処をしてきた。しかし、告訴をされても彼らを中傷し続ける者がいた。

2019年8月、BTSの所属事務所Big Hitエンターテインメント(以下ビッグヒット)は「悪質なネットユーザーをさらに厳しく対処、告訴する」方針を明らかにした。これにより、該当者には今まで以上に重大な処罰がされることとなった。実刑が課される可能性もあるという。

では、これまでビッグヒットは悪質なネットユーザーの対応をしてこなかったのか?

それは違う。彼らが初めてこの深刻な問題に触れたのは2016年のことだった。

過去の対応は?

2016年11月10日、ビッグヒットは悪質なネットユーザーに対する初めての告訴状を提出した。「BTSのメンバーはデマ、中傷などに長い間苦しめられている。当社はこのような行動に対し、断固として対応することを決定した」(ビッグヒット)

そして2017年2月、未だ収まらない中傷に対しビッグヒットは再度注意喚起した。その注意喚起には、「過去二か月の間に、アンチユーザーを告訴するための証拠資料を、ファンから24万件以上受け取った」と記載されていた。ビッグヒットはこの資料を整理し、告訴状を提出した。

対応はまだまだ続く

一連の対応をしてきたビッグヒットは、有名になるほど増えるアンチユーザーに今年も断固とした対応を取ると宣言。ファンにも証拠資料の呼びかけをしている。

メンバーのシュガは2018年、悪質なネットユーザーに対し毅然とした態度でこう話している。「アンチを心配されてますけど、悪いけど(悪質コメント)全然見ないです。だから書いてもいいですよ。会社が告訴するだろうから(笑)僕は見ないけど告訴はするし…傷つかないんで」

彼は“誹謗中傷をしたら、本当に傷つくのは僕(BTS)ではなく君だ”と遠回しで伝えたようだ。

BTS

BTS がギネスブックに登場! YouTubeでの24時間の再生回数がもっとも多いMVに認定 …偉大な記録の陰には〇〇の力があった

2019年9月11日
BTS、BLACKPINK

BTS&BLACKPINK、米大衆文化の祭典「ピープルズ・チョイス・アワード」でそれぞれ3部門にノミネート! テイラー・スウィフト、アリアナ・グランデら豪華アーティストらと共に栄冠を狙う

2019年9月5日

女性歌手からも気遣いがすばらしいと絶賛されるBTSジン、天使のような優しさに多くの著名人も感動・・・[動画あり]

2019年9月5日
BTS

BTS、BLACKPINKらの世界的人気が貢献! K-POPの海外著作権料が140%成長

2019年9月5日

韓国に、BTS RMの森が誕生! 環境保全に強い関心を持つRMのためにファンが特別な誕生日プレゼントを贈る

2019年9月4日

トップスター BTS ジョングクも憧れの人の前ではただのファン!? あの歌手に会えて赤面する瞬間をキャッチ[動画]

2019年9月1日