「LOUD」日本人参加者 アマル、大号泣の理由とは!? とつぜん堰を切ったようにあふれ出した想いにPSYも思わず涙

アマル
アマル

TWICENiziUを発掘した、JYPエンターテインメント(以下JYP)の創業者 J.Y. Park(パク・ジニョン)と、世界的大ヒット曲「江南スタイル」の主人公でP NATION代表のPSY(サイ)がタッグを組んだ韓国の大型オーディション番組『LOUD(ラウド)』。その6話が、7月31日にdTVにて配信され、日本人参加者のアマルが、感極まり大号泣する姿を見せファンを涙させている。

『LOUD』は、次世代ボーイズグループ発掘オーディション。日本人6人を含む総勢75人が各国から参加している。最終ステージまで進んだ参加者の中から、JYPから1組、P NATIONからも1組、計2組のボーイズグループがデビューする。

前回までの放送で全参加者 75人中34人が第3ラウンドまで突破し、第4ラウンドに進出。今回の8話では、全員がP NATIONの練習生として練習をするP NATIONラウンドの後半が公開された。

アマルは、K-POPチームの1つ「血(ピ)の違うネーション」チームの一員としてステージを披露。

P NATIONと血(ピ)をかけたチーム名を考案したのが、韓国語ネイティブではないアマルだと知ったJ.Y.Parkは、アマルの韓国語能力に驚きの声を上げた。

「血の違うネーション」チームは、PSYが編曲したBEAST(現在のHIGHLIGHT)のShockを披露。アマルは、直接ラップパートの作詞も担当。日本を恋しく思う気持ちを込めた歌詞を披露し、発音を考えても完ぺきだったとJ.Y.Parkから絶賛を受けた。

さらにJ.Y.Parkから再三「既存の歌手のマネをしているように見える」という指摘をされてきたアマルは、「今回は、本当に完ぺきでした。」というJ.Y.Parkからの評価を聞くと思わず号泣。泣きながら、「母に相談をしてみたら、カッコつけなくてもそのままでカッコいいと言われた。」と自身が変化することができた理由を語った。

J.Y.Parkは号泣するアマルを見て「自分の国の言葉じゃないから、先輩たちの映像を見て言葉を学ぶうちにスタイルまでマネしてしまったんだろう。なのに、自分の言葉で歌えと言われても、自分の国の言葉じゃないからもともとのスタイルが無かったはず。」「どれだけしんどかっただろう」とアマルの心情を代弁した。

号泣するアマルを見たPSYも、思わず涙。同じ「血の違うネーション」のチョ・ドゥヒョンも、アマルの心情を理解してか涙を見せた。

結果

「血が違うネーション」チームの個人順位は、1位ウ・ギョンジュン、2位アマル、3位イ・ドンヒョン、4位チョ・ドゥヒョンとなった。

さらに、「血が違うネーション」チームのチーム点は97点で、第4ラウンドでの最高点を獲得し、4人全員で次の第5ラウンドに進出することが決定した。

今回の第4ラウンドで脱落が決まったのは、キム・ジョンミン、ド・ミンギュ、ハルトの3人。残りの31人が第5ラウンドに進出する。最後に発表された、ファン投票の中間集計ではイ・ゲフン、ケイジュ、チョン・ジュニョク、ウ・ギョンジュン、アマルがトップ5にランクイン。日本人参加者のケイジュとアマルが先週に引き続き、トップ5に揃ってランクインを果たした。

次回の第5ラウンドでは、ついに、参加者たちへのスカウトが開始。さらに、次回からスーパーエージェントとして、俳優のイ・スンギが合流することが決定し、注目が集まっている。

 

ケイジュ

「LOUD」日本人参加者 ケイジュ、PSYからのプレッシャーにも負けない最高の即興ステージを披露! まさに天才的な才能に他の参加者からも拍手喝采

2021年8月10日
ケイジュ

「LOUD」、日本人参加者 ケイジュ の才能をJ.Y.Parkが大絶賛! 「RAINを初めて見た時と同じ気持ちになりました」 スター性あふれるケイジュから目が離せない

2021年8月3日
コウキ

「LOUD」、日本人参加者 コウキの表情演技と表現力がまさにアカデミー級! 13歳とは思えない才能にPSYも感嘆

2021年8月2日
P NATION練習生 オ・ソンジュン

「LOUD」、本当に15歳!? P NATION練習生 オ・ソンジュンの堂々とした姿にJ.Y.Parkも大絶賛! 「本当に最高です・・」

2021年7月13日
JYP練習生 アマル

「LOUD」日本人 アマルの人柄が大絶賛される! 実力はもちろん韓国語も堪能、周囲を明るく盛り上げる人間性が大好評! さらに衝撃的な特技を披露し、J .Y.Parkも興味津々[動画あり]

2021年7月12日
KPOP monsterをフォロー!